プロフィール

わこ

Author:わこ
横浜在住のWM。夫と5歳の息子、2歳の娘の4人家族。
2010年に建てた戸建てで暮らし、家と自分を整える日々です。
収納用品はほぼ無印良品。
2015年5月に2度目の育休から復職しました。

カテゴリ

最新記事

オンライン

現在の閲覧者数:

アクセス数

参加ランキング

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 インテリアブログ 無印良品インテリアへ
ランキングに参加しています。
応援クリック頂けると更新の励みになります。

月別アーカイブ

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


★「読んだよ~」のしるしに、応援クリックして頂けると嬉しいです★
下記の「このブログに投票」をクリックして頂くとブログ村のランキングに反映されます。
皆さまの日々のポチのおかげでランキングが上がり、更新の励みになっています。
わこ



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

ブログリニューアル

昨日からブログの設定やらデザインやらをいじっておりまして、
もしかしたら閲覧中の方は見難かったかもしれません。


数年ぶりにHTMLやらスタイルシートやらいじりまして(ちょっとだけですが)、
慣れないこともあり瞬く間に時間が過ぎて行きました。

でも、こういう作業嫌いじゃないんです。
学生時代はそれこそ徹夜で作業したりしてました。

ただ、久々に頭を使った所為か、夜もあまり眠れず、
夜間授乳も相まって今日はとっても寝不足でございます…^^;



で、何が変わったかと言うと、


*****

①左のサイドバーに「ユーザータグ」を追加

 fc2ブログでは、1つの記事を複数カテゴリに分類することはできないのですが、
 「ユーザータグ」を使うと似たようなことができます。
 例えば、ある記事が「無印のファイルボックスを使ったキッチンの収納改善」
 とすると、
 ユーザータグは「片づけ・収納」「キッチン」「無印良品」の3つとなり、
 左の「ユーザ―タグ」の中のうち、3つどれをクリックしても閲覧できます。

 「無印良品の商品を使った記事をまとめて読みたい」
 「キッチンの記事をまとめて読みたい」
 といった際に便利だと思います。

 因みに、各個別記事の下部に「関連するタグ」というのが付いていて、
 これがユーザータグになります。
 ここのテキストをクリックしても、同じタグのついた記事一覧に飛べます。



②カテゴリツリーを見直し

 「収納」カテゴリのみ、サブカテゴリとして場所別に分けました。

 ①の「ユーザータグ」は、条件のアンドにはなっていないため、
 【キッチン】の【収納】に関する記事を読みたい場合の一覧にはなりません。
 収納記事については場所別に一覧になった方が読みやすいので、
 サブカテゴリを作りました。


*****


初めましての方と、自分以外にはあまり関係のない変更なんですが、
整理整頓に関連するからか、やり始めると没頭してしまうんですよね~。

今までユーザータグ機能使ってなかったので、
なんと、今までの記事全て見直して手動でタグ付けしましたから!

ところどころ不備があるかもしれません^^;

ユーザータグは、タグ付けした数の多さで並ぶのですが、
「無印良品」のタグの多さにびっくりしたり。

「観葉植物」で見てみると、ウンベラータの成長っぷりが一目で分かったりもします。

完全に自己満足ですね~。
こんなブログですが、今後ともよろしくお願いします☆

スポンサーサイト
★「読んだよ~」のしるしに、応援クリックして頂けると嬉しいです★
下記の「このブログに投票」をクリックして頂くとブログ村のランキングに反映されます。
皆さまの日々のポチのおかげでランキングが上がり、更新の励みになっています。
わこ



関連するタグ 日記

2014-05-01(Thu) 11:02| ご紹介| トラックバック 0| コメント 0

我が家ができるまで ~その5:2階の間取り

今日は、このシリーズ最後の記事になります。

過去記事はこちら↓

我が家ができるまで ~その1:マンション希望から戸建へ
我が家ができるまで ~その2:土地に出逢う
我が家ができるまで ~その3:子ども部屋のあれこれ
我が家ができるまで ~その4:1階の間取り


2階の間取りの検討あれこれとご紹介です。

DSC03177.jpg

階段の踊り場には窓ふたつ。とライト。
それ以外には飾りもなーんにも無いただの階段です。

DSC03178.jpg

踊り場から下を見たところ。
最初、図面からはダイニングの大きさのイメージが掴めなくて、今のダイニングセットを購入するときに
「階段下りてギリギリのところまでダイングチェアが来るようだったらどうしよう・・・」
と心配しましたが、それほどでもありませんでしたね。


DSC03180.jpg

階段を上がった所の廊下壁面に、オープンな本棚と、その隣に扉付きの廊下収納があります。
本棚をどこかに造り付けにしたいというのは私の要望です。
本って重量も体積も結構なものになるので、本棚をどこかの部屋に置くとなるとそれはまた色々と大変なので、作り付けてしまった方がラクかなと思いまして。

それと、本棚に子どもの本と大人の本をごっちゃにして置いておくと、子どもは大人がどんな本を読んでるか興味を示すようになり、自然と本を読む子どもになる、というのを何かで読み、本棚は誰かの部屋に紐づかないオープンなスペースに置こうと思っていたのでした。


廊下収納については、こちらの記事で紹介しているのでご覧ください。⇒「無印グッズで廊下収納を整理


DSC03181.jpg

階段を上った突き当りは、子ども部屋予定の洋室です。その3の記事でご紹介したところです。
その3の記事では写真を全く付けていないので、こちらでご紹介します。

上の写真でわかる通り、扉は引き戸を2つ付けています。
そうそう、扉については、私は構造的に許される限り引き戸にしました。
開き戸だと、扉が開く範囲のスペースが何も置けず無駄になるし、「開いている状態」のおさまりが悪いので(廊下が通りづらかったりとか)、開きっぱなしということがしにくくなります。

子どもが個室を使うようになってからも、出来れば、扉を閉めきらず、開けっ放しにしてオープンな感じで使って欲しいな~という願いを込めて^^

DSC03202.jpg

こちらが部屋の中です。せっかくなので、普段中央に鎮座している多機能物干しもどかしてみました。

DSC03203.jpg

逆側から見た図。クロゼットの出っ張りがなければ四角い部屋で使いやすいんだろうなぁ…。(まだ言ってる)


DSC03205.jpg

噂の腰窓です。


DSC03206.jpg

勿論ライト用コンセントも2つ設置。とはいえこの部屋はまだ使っていないので、ライト自体は1つ(前のおうちから持ってきたものを暫定的に)しか付けていません。


DSC03182.jpg

普段はこんな感じで物干し部屋になっています。


DSC03199.jpg


子ども部屋の向かいはトイレです。
2階トイレは、賛否両論あると思いますが、私は作って良かったです。
就寝時などに1階のトイレに行くのはやっぱり遠い!あと、来客時には私は2階トイレを利用します。

DSC03183.jpg

廊下の逆側から撮った図。トイレの並びの隣にはバスルーム・サニタリーがあります。

バス・サニタリーが2階にあるおうちってそれほど一般的ではないですよね。
我が家は狭い土地にめいっぱいでおうちを建てていますが、リビングダイニングは出来る限り広くしたかったので、バス・サニタリーは2階に上げることにしました。

あと、もう一つの理由は、洗濯の導線を良くしたかったこと。

私は滅多に洗濯物は外には干しませんが、この場所に洗濯機を置けば、洗いから干しまでの移動距離がとても少なくて済みます。(この写真撮ってる場所のすぐ後ろがベランダへ抜ける扉です)

現在は、この向かいにある子ども部屋用洋室に室内干ししていますが、その場合にも導線は良いです。

1階に洗濯機があったら…。ただでさえ大っ嫌いな家事である洗濯が更にストレスフルなものになっていたでしょう^^;

あと、副次的メリットではありますが、来客時に見られることが無いってのも良いです。バスルームは結構なパーソナルスペースですしね。(私なんか洗濯後の収納をラクしたいがために下着もここに置いてるし…)

デメリットとしては、子どもを1階で遊ばせながら朝の支度などで洗面所を使う場合に、移動が面倒です。

バス・サニタリーも、その性質上湿気がこもりやすい場所なので、引き戸にして開けっ放しにできるようにするのが一般的だそうです。


あと、2階にある残り1室は主寝室です。

DSC03185.jpg
先日の記事の写真です。



DSC02022.jpg

写真撮るのを忘れていて、大分昔に撮った写真です。
右奥の扉はウォークインクロゼットです。

その隣の梯子ですが…。この部屋は、実はロフトが付いています。

このロフト、このおうちにおける私の最大の後悔です。
おうちの設計プランの中で、ロフトか屋根裏部屋かを選べたのですが、部屋としても使える可能性もあるしなんとなくカッコいいから…という安易な感じで選択してしまったのが大失敗。

実際には、屋根裏レベルの物置としての使い方しかしておらず、シーズンオフのイベントグッズや、過去の思い出系、サイズアウトした子供服などで埋め尽くされており、部屋として使うことは余程のことが無い限りありえません。


それなのに。


例えば今みたいな冬の時期だと、この、ロフトまで続くたか~~~~い天井の部屋全体を、エアコンで暖めることになるのです。
ロフトに置いてある荷物たちもさぞや快適なことでしょう。(ケッ)←自分のせいなんですけどね。。

という訳で、あの頃の私にモノ申せるなら「いいから屋根裏部屋にしとけ」って言いたいです。


DSC03195.jpg

せめてもの効果を期待して、シーリングファンを付けてます。
この部屋は見てのとおり勾配天井なので、これ付けるのもホント大変でした。製品仕様として、勾配は〇度までと決まっていて、我が家の勾配天井の角度でもOKなものが殆どなかったのです。
この程度の広さの部屋にロフト付けて、勾配天井にシーリングファン付けたいという要望って絶対たくさんあると思うんですけどね~。


いかがでしたでしょうか~。気合い入れて、我が家の間取りをご紹介してみました。
設計時にいろいろ考えたあれこれや、実際住んでみて良かった点、悪かった点なども記載したので、これから家を建てるという方には参考になればと思います!

↓こちらも参考になりますヨ↓
にほんブログ村 トラコミュ みんなのWeb内覧会へ
みんなのWeb内覧会




★ 「参考になったよ~!」と応援クリックして頂けると嬉しいです ★
にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルモダンインテリアへ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ

上の「ナチュラルモダン」もしくは「片付け・収納」バナーをクリックして頂くと
ブログランキングに一日1回カウントされます。
更新の励みになります。いつもありがとうございます! わこ


♪私が好きなトラコミュです♪
にほんブログ村 トラコミュ 収納・片付けへ
収納・片付け

にほんブログ村 トラコミュ やっぱり好き MUJI 無印良品へ
やっぱり好き MUJI 無印良品




★「読んだよ~」のしるしに、応援クリックして頂けると嬉しいです★
下記の「このブログに投票」をクリックして頂くとブログ村のランキングに反映されます。
皆さまの日々のポチのおかげでランキングが上がり、更新の励みになっています。
わこ



関連するタグ 家のこと

2013-02-27(Wed) 22:41| ご紹介| トラックバック 0| コメント 0

我が家ができるまで ~その4:1階の間取り

先日の我が家ができるまでシリーズの続きです。

過去記事はこちら↓

我が家ができるまで ~その1:マンション希望から戸建へ
我が家ができるまで ~その2:土地に出逢う
我が家ができるまで ~その3:子ども部屋のあれこれ



将来の子ども部屋の作り以外にこだわったのは、リビングイン階段です。
間取りを検討しているとき、最近の子どもが居る家庭の注文住宅では、7割くらいがリビングイン階段にすると聞きました。
時代のせいか「子どもが個室に引きこもる」ことに対し、親はナーバスになるのですかね。

DSC03172.jpg

右側のダークブラウンの扉の向こうは、玄関ホールです。その奥に見えるのは1階トイレ。
そして、LDKに入ってすぐの右手にリビングイン階段、その隣には和室の扉です。


しかし、リビングイン階段、1つだけ困ったことが…。


とにかく、冬寒い!!

最初の冬が越せずに、すぐにロールスクリーンを取り付けました

DSC03173.jpg

新築時にカーテンを全部お願いした業者さんに、このロールスクリーンの設置もお願いしました。
色合いがまさに壁と同じ感じなため、初めて我が家に来た人にはけっこう驚かれます。(忍者屋敷みたいで)
おこちゃまでは、壁だと思って寄りかかってひっくりかえった子がこれまでに2人(笑)

でも、これを付けてからは冷気も下がってこないし暖気も上がらないし(今の季節は、ロールスクリーンの向こうは極寒)快適です。



DSC03170.jpg

奥は和室です。

リビングと繋げた配置にできれば、来客時にもリビングを広く使えて理想的だったのですが、リビングを南向きの一番良い場所に配置するとなると、もうこの配置しか選択肢がありませんでした。
何しろ、土地をフルに使って建ててますからね…。

結果的に、この配置で良かったのではないかと思っています。
リビングとダイニングだけで結構な人数は収容できるし、義両親が泊まりに来る祭の宿泊部屋の用途で使うことが多いのですが、リビングで私や夫が夜更かしする際もあまり義両親が寝てるのを気にしなくて済んでいます。

それにしても、本当に和室を作っておいて良かった!
マンション検討時には和室のない部屋を検討していたため、戸建に切り替えたときにも「和室は必須」とは私は思っていませんでした。
家を建てるときはまだ子どもがおらず、義両親はこちらに出てくるときは必ず義姉夫妻のおうちに泊まっていたのですが(やっぱり実の娘のおうちの方が気楽なんでしょうね)、子どもが生まれてからは必ず我が家に宿泊(笑)
私が仕事や飲み会のときに義母に子どもを見て頂くことも多く、もし和室が無かったらこんなに気楽にお願いは出来なかっただろうな、と思うのです。



DSC03168.jpg


リビングダイニングはとにかく出来る限り広く、心地良い空間を目指しました。
家族みんながここに集まってこられるように。


DSC03169.jpg

ダイニング後ろの造り付けのテーブルは、パソコンを置いたり、子どもがここで勉強したり…とか考えて作りましたが、もはや物置き状態なので、これも作らなければ良かったなぁ。
これがなければチェストとか置けたのに~~。


DSC03174.jpg

こちらは玄関ホールです。
ここはどうしても暗い場所になるので、少しでも採光をと思ってドアは採光窓付のものを選びました。
本当は、この右側の壁にリビングから採光できるようにしてもいいかなと思ったのですが、これもやらなくて正解だったと思います。ちょうど今リビングのファブリックパネル飾ってるあたりだし^^;

シューズインクロークを大きく取りたいというのもこだわりポイントでした。
スノーボードやゴルフバッグなどの大物のほか、子どもが生まれたらベビーカーも置くようになるし、宅配食材のケースなどもあるし、意外に家の中に持ち込みたくないものってたくさんあるので。
でもまあ例のごとくこちらにも後悔ポイントはありまして…。

冬場のコート類は、2階に配置したウォークインクロゼットまで仕舞いに行くのは面倒です。
それなら1階のシューズインクロークの中かな、と安直に決めてしまいました。
基本的にシューズインクロークは三和土からアクセスすることになるので、靴を履かないといけないのが非常に面倒!
場所は取るけど、フロアに上がったところに造るべきでした。この間遊びに行ったママ友宅がまさにそうなっていました~~。うらやましい!


DSC03175.jpg

こちらは1階トイレです。
右手にチラリと見えるのは洗面台です。トイレに簡易手洗いを付けずに、それなりの洗面台を付けました。
我が家のお風呂場&メイン洗面所は2階なので、ドロドロで帰って来たときなどにそのままアクセスできる手洗い場が欲しい!と、夫が頑として譲らなかったのです。私は、キッチンのシンクで洗ったっていいじゃん~要らないよ~って主張したんですけど…。

今現在、夫は帰宅時および1階トイレを使ったときすらキッチンシンクで手洗いしてますけどね。
義両親が泊まった際にメインでこちらを洗面台として使えるのと、お客様の手洗いにはやはり洗面台があった方が良いので良しとしますが。


我が家の1階の間取りはこんな感じでした。
次は2階の間取りをご紹介しようと思います。お楽しみに~~♪




夫が毎週日曜日に「宇宙兄弟」のアニメを観ているのですが、最初はまったく興味が無かったのにチラチラ見てちょこちょこ質問しているうちに、ハマってしまいました…。

なんと、DMM.comでコミックレンタルしてしまいました。
モノ増やしたくない&2人で読むには、電子書籍ではなく紙媒体のレンタルってやっぱりいいですね。

あああ~~~なんたる時間の浪費!と思いつつも、面白くて止まらないのでした。






★ 「2階の紹介も楽しみにしてるよ!」と応援クリックして頂けると嬉しいです ★
にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルモダンインテリアへ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ

上の「ナチュラルモダン」もしくは「片付け・収納」バナーをクリックして頂くと
ブログランキングに一日1回カウントされます。
更新の励みになります。いつもありがとうございます! わこ


♪私が好きなトラコミュです♪
にほんブログ村 トラコミュ 収納・片付けへ
収納・片付け

にほんブログ村 トラコミュ やっぱり好き MUJI 無印良品へ
やっぱり好き MUJI 無印良品




★「読んだよ~」のしるしに、応援クリックして頂けると嬉しいです★
下記の「このブログに投票」をクリックして頂くとブログ村のランキングに反映されます。
皆さまの日々のポチのおかげでランキングが上がり、更新の励みになっています。
わこ



関連するタグ 家のこと

2013-02-26(Tue) 21:25| ご紹介| トラックバック 0| コメント 6

我が家ができるまで ~その3:子ども部屋のあれこれ

土地に出会うまでのいきさつはこちらをご覧ください。

我が家ができるまで ~その1:マンション希望から戸建へ
我が家ができるまで ~その2:土地に出逢う


今回は、おうちの設計・間取りについて。


家を建てる際の工務店は、土地を購入した不動産屋さんの紹介で、いわゆるハウスメーカではない地場工務店にお願いしました。

注文住宅を建てると決めてからは、いろいろ勉強しました。
鉄筋のマンションに比べたら、「木造」ということで戸建は耐震性に欠けるので、少し工法にこだわって、それに対応してもらえる工務店を選びました。


工務店が決まったら、早速設計の打ち合わせです。
もともとマンションを検討していたときから、一番のこだわりは「子育てしやすいおうち」。
土地を購入した時点で、妊娠していることが分っていたので、間取りなどを考えるときには尚更それを気にしました。


何冊か本を読んだうち、一番印象にためになったのはこちらの本。


家族の絆をつくる家―失敗しない住まいづくりのための30講家族の絆をつくる家―失敗しない住まいづくりのための30講
(2007/03)
外山 知徳

商品詳細を見る


人の「テリトリー形成力」と「住まい」との関連性、その後の人格形成などとの因果関係について解説している本です。

具体的な例としては、子育て世代にとって、

「子どもにいつ個室を与えるか」
「きょうだい児のためにどのような部屋を用意するか」
「子どもを引きこもりにしないためには、どんな間取りの家にすべきか」

といった課題に代表されると思います。

これらの課題について、この本で紹介している多数の実例とその解説は、
最初は「そんな何でもかんでも家に繋げちゃって~~」とマユツバで読んでましたが、読み進めていくうちに、納得するようになりました。
特に印象的だったのは、かの有名な酒鬼薔薇事件や、タリウムで実母を殺害しようとした女子高生の事件、秋田の連続児童殺害なども、もとは犯人の幼少期の「居場所の喪失」が引き起こしたことだという説明です。


「親は子どもの幼児期にテリトリー形成の機会を意図的に用意してあげなければならない時代になっている」
 (本書より抜粋)

この本によると、これを間違わなければ子どもはきちんと自立するし、登校拒否児になるようなこともない。
大人になっても、環境に適応しながらテリトリーを形成していく能力を身に付けることができる。
しかし、これを間違うと、ごく普通の親が子どものためを思って大切に育てているつもりでも、恐ろしい事件を起こすモンスターになる可能性もある、ということです。
私の中でショックが大きかったので事件のことを強調していますが、この本自体がそこにフォーカスしている訳ではありません。念のため。


一般的には、子どもは「前思春期」と呼ばれる小学5年生頃から、家庭の中で自分だけのテリトリー確保の要求、つまり「人には見られたくない自分のモノ」が生まれてくるそうです。これは、これから家庭”外”(学校や社会など)にテリトリーを広げていくための、自立に向けた一歩であり、そのため、このタイミングで個室、もしくは個室に代わるプライベートなスペースを与えることのがよい、とのこと。

でもステレオタイプ的にこの時期というものではなく、それは子どもによって適切な時期があるそうです。
例えば、早すぎてもダメで、まだ親に甘えたい欲求がある子供に無理やり個室を与え1人で寝させるなど強制すると、それが原因で不安定になり、不登校になることもあるとか。

要するに、自分の子どもの特性を良く見て、タイミングを逃さず、テリトリー形成能力を適切にサポートできるような、「家」であり「親」でなければいけないのですね。

これを実現するために、本書では、ある一つの使用用途を想定して部屋を作るのではなく、家族構成やそのライフステージに応じて必要な部屋に変えられるような柔軟なつくりにすべき、と書かれています。

例えば、著者の自宅は両親との2世帯住宅だったそうですが、それぞれの世帯のプライベートな空間はLDKと寝室一つというシンプルなつくりにしておき、1階にひとつ、2階に2つのユニバーサルな部屋を作ったそうです。
その3つのユニバーサルスペースは、

・息子世帯は夫婦のみ、父が現役のとき…①息子書斎 ②父の応接間 ③来客時の宿泊室

・息子世帯に子どもが生まれ、父は隠居…①子ども部屋 ②息子の応接間兼書斎 ③来客時の宿泊室
などのように、その時に応じて必要な空間に変化することができます。

これは2世帯住宅の例ですが、1つの世帯の家だとしても複数きょうだい児が居るというのは良くあるパターンです。

そのような場合にも、6畳の独立した部屋を二つ用意しておく場合、子ども1人に6畳間一つ×2で、それは12畳分のスペースとなります。(単純計算ですね)

でも、たとえばこれを12畳の1つの部屋として作り、家具などで仕切りをして、それぞれのベッドや机を置くスペース+収納として3畳ずつ、残り6畳をきょうだい共有のスペースにすることで、それぞれが使えるスペースが9畳ずつとなり、全部で18畳分の働きをするスペースとなります。

これ、凄くないですか?

そういえば、昔、嵐の二宮くん主演の「流星の絆」ってドラマの、弟(錦戸)と妹(戸田恵梨香)が同居している部屋も、こんな感じでしたね。(え?しらない?)


そんな感じで、この内容に感銘を受け、我が家の将来の子ども部屋として確保した2階の洋室は、廊下からはドアを2つ付け、コンセントや窓、クロゼットも左右対称に配置した10畳弱の部屋となったのでした。

でも今思うと、クロゼットも付けなければよかったかなと後悔です。
この2つのクロゼットのせいで、床も壁も面積が少なくなってしまったので。
まあ、どうしてもの時は、クロゼット撤去のリフォームをすればいいか…。

あとは、とにかく少しでも採光を!と思い、腰窓を割と大きく取ってしまったのも後悔です。
窓の面積は、壁の面積とのトレードオフです。壁面が少なければ、それだけ、家具が置ける範囲が少なくなるということになります。
家具の配置替えを柔軟に行えるようにするためには、窓はもうちょっと考えるべきでした。


この本、「子どもと暮らす」観点だけじゃなく、「夫婦でくらす」「老いと暮らす」という観点でもいろんなことが書かれていて、たくさん発見がありますよ。
これから家を建てるという方は是非読むことをおススメします。
もう家建てちゃったよ~、買っちゃったよ~という方も、スペースの使い方次第で工夫できたりしますし、子どものテリトリー形成のところだけでも一読の価値ありです。

と、今回の記事は書評レビューみたいに終わってしまいました。
他の部屋の間取り考察についてはまた別途アップしますね。





★ 「続き楽しみにしてるよ!」と、下記バナーどれかに応援クリックして頂けると嬉しいです ★
にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルモダンインテリアへ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ

上の「ナチュラルモダン」もしくは「片付け・収納」バナーをクリックして頂くと
ブログランキングに一日1回カウントされます。
更新の励みになります。いつもありがとうございます! わこ


♪私が好きなトラコミュです♪
にほんブログ村 トラコミュ 収納・片付けへ
収納・片付け

にほんブログ村 トラコミュ やっぱり好き MUJI 無印良品へ
やっぱり好き MUJI 無印良品




★「読んだよ~」のしるしに、応援クリックして頂けると嬉しいです★
下記の「このブログに投票」をクリックして頂くとブログ村のランキングに反映されます。
皆さまの日々のポチのおかげでランキングが上がり、更新の励みになっています。
わこ



関連するタグ 家のこと

2013-02-23(Sat) 19:57| ご紹介| トラックバック 0| コメント 6

我が家ができるまで ~その2:土地に出逢う

我が家ができるまで ~その1:マンション希望から戸建へ」 の続きです。


戸建で探してみようか、と決めてからは、ゼロからのスタートでした。

勿論、最初は建売住宅がターゲットです。
それまでマンションしか考えてこなかったので、間取りや設備は決まっているのが当たり前で、それと自分の要望をどうすり合わせていくか、ということしか選択肢に無いと思っていました。

他の物件を見るため不動産屋さんの車に乗っていたとき、その不動産屋の担当さんに本部から一本の電話が入り、
「ある土地が売りに出たらしいので、ここから近いし行ってみますか?」
と提案されたのです。

お互いの通勤の都合により、この地域をピンポイントで候補としていたので、試しに観に行ってみると、なんと義姉夫妻の家の凄く近く。(徒歩5分くらい)
もともと仲は良く、休みごとにおうちに遊びに行って一緒に食事をしたりしていたので、こんなに近くに住めるなら楽しそう!!と夫とふたりしてテンションが上がりました。
勿論、義両親も喜んでくれるだろうし。

メインの大通りからも近く、少し中に入っただけで閑静な雰囲気ではあるし、何より、坂の多いこの地域で、最寄駅からフラットアプローチであるということが決め手になりました。


土地の広さは、もともと1軒のおうちが建っていたところを3分割しているので、結構狭めです。
でも、3分割しているうちの、2つが売りに出されているということで、お隣も新築のおうちが建つし、既に建っている逆側のお隣のおうちも新しくキレイな感じだったので、それも私的には嬉しかった♪


我が家の土地は、土地の形としてはあまり良くないと言われている”旗竿地(※)”というものです。
※細い敷地で道路(公道)に接するような土地をいい、その形が竿のついた旗に似ていることから旗竿地と呼ばれているそうです。

でも、それすら私にとってはメリットに感じています。
南西方向で一番の採光方向が、旗竿の”竿”部分となり、自分の土地になるため、他の建造物によって採光が損なわれるという懸念が今後も無いからです。

その”竿”部分を駐車場にしていますが、詰めれば普通のセダン3台が駐車できます。


…と、土地としての魅力に惚れ込み、ほぼ即決でここに家を建てることを決めたのでした。


デメリットも色々ありますが、一番はやっぱり狭さかな。まあ、これは何ともなりませんね。

次に、これは戸建を選択するときに覚悟していたことではありますが、最寄駅からの遠さ。
最寄の大型駅から徒歩12分とのチラシ記載でしたが、大人の男性の足でなんとか…ってとこです。
私だったら15分は掛かります。

でも、これは不動産屋さんに言われたことだったか。

「どうしてものときはタクシー使えばいいんじゃないですか?駅には一杯待ってるし、大通りも近いからかなり走ってますよ」

いやいやタクシーなんてそんな贅沢な!と思いましたけどね。

でも…。

例えばですよ。

駅近の同じ条件のおうちなら、ふつーに1000万円とか(いや、もっとかも…)価格が違ってきます。

これ、タクシー1回1000円として、1万回乗れる訳です。
1日1回、1年で300日くらい乗ったとしても、33年分です。
まあ、実際そんなに乗るはず無いので…。
そう考えたら、駅近って条件は簡単に諦められるなーと思いました。

これ、私と同じように駅近とその他条件を天秤に掛けて悩んでいる方は参考になれば。



まだ終わらなかったので次に続きます!
次こそは、間取りの話を書こうと思います~。




★ 「続き楽しみにしてるよ!」と、下記バナーどれかに応援クリックして頂けると嬉しいです ★
にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルモダンインテリアへ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ

上の「ナチュラルモダン」もしくは「片付け・収納」バナーをクリックして頂くと
ブログランキングに一日1回カウントされます。
更新の励みになります。いつもありがとうございます! わこ


♪私が好きなトラコミュです♪
にほんブログ村 トラコミュ 収納・片付けへ
収納・片付け

にほんブログ村 トラコミュ やっぱり好き MUJI 無印良品へ
やっぱり好き MUJI 無印良品




★「読んだよ~」のしるしに、応援クリックして頂けると嬉しいです★
下記の「このブログに投票」をクリックして頂くとブログ村のランキングに反映されます。
皆さまの日々のポチのおかげでランキングが上がり、更新の励みになっています。
わこ



関連するタグ 家のこと

2013-02-22(Fri) 22:01| ご紹介| トラックバック 0| コメント 4

ユーザータグ

お気に入り日用品

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。