プロフィール

わこ

Author:わこ
横浜在住のWM。夫と5歳の息子、2歳の娘の4人家族。
2010年に建てた戸建てで暮らし、家と自分を整える日々です。
収納用品はほぼ無印良品。
2015年5月に2度目の育休から復職しました。

カテゴリ

最新記事

オンライン

現在の閲覧者数:

アクセス数

参加ランキング

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 インテリアブログ 無印良品インテリアへ
ランキングに参加しています。
応援クリック頂けると更新の励みになります。

月別アーカイブ

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


★「読んだよ~」のしるしに、応援クリックして頂けると嬉しいです★
下記の「このブログに投票」をクリックして頂くとブログ村のランキングに反映されます。
皆さまの日々のポチのおかげでランキングが上がり、更新の励みになっています。
わこ



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

冷凍庫の整理

日々の生活の中で、動きにくさ、使いづらさやストレスを感じたら
整理収納のいい機会です。
今日は、使いづらさMAXになっていた冷凍庫の整理をしました。



我が家は生協のパルシステムをやっていますが、
冷蔵品は何だか上手く使いきれなくて、買うのは冷凍品ばかり。

また、娘の離乳食時期なので、フリージングした食材もたくさん。

整理できていないところに、次から次へと新入りの食材が入ってきて、
冷凍庫はカオス状態になっていました。

食べムラがある娘は、機嫌の悪いタイミングに入っちゃったりすると厄介で、
離乳食作りは時間との闘いだったりします。
そのためにはまず、使い易い環境づくりから…。


ところで、
冷蔵冷凍庫の容量比は、冷蔵:冷凍=1:1くらいでいいと思っています。



Beforeの写真を撮り忘れてしまいましたが、
Afterの写真はこちら。


DSC08529.jpg

メインの、深さのある冷凍引出し。


DSC08529-02.jpg


手前は、冷凍うどんや、インスタントのパスタ、ドリアなど、
チンするだけで一食になるもの。

左奥は、パルシステムで購入した離乳食用の食材。
うらごしの野菜や、ちょっとした味付けになるバランスキューブなど、
離乳食用の食材が揃っているのが、
上の子の離乳食時にパルシステムを始めたきっかけでした。


中央奥は、温めるだけの調理済みおかずなど。
これもパルシステムのお気に入りポイントなのですが、
骨抜きの調理済み魚おかずが美味しいです。
我が家の息子は、これのおかげで、すっかり肉より魚党になってしまいました。
温めるだけで一品になるので、常備しています。


右奥は、自作の冷凍品。
冷凍ご飯や肉、多く作ったハンバーグなども、ラップに包んでこの中へ。
手前の白いフタのケースは、100円ショップで見つけた、小ねぎ用の冷凍ケース。

DSC08542.jpg

DSC08543.jpg

ちょっと分かりづらいんですが、中に、穴の開いたトレー(黄緑の)が入っていて、
水気が切れるようになっています。
なので、ベタベタせずにフリージングでき、
カラカラ振れば、くっつかずにポロポロと出せるんです。

何かと良く使う小ねぎですが、冷蔵庫ではあまり日持ちしないし、
一束使いきるのも結構タイヘンでしたが、これを使えばお悩み解決!
これ便利ですよ~。私はSeriaで購入しました。



DSC08528.jpg


中引出しはこんな感じです。
比較的大きく、平らなもの。


DSC08527.jpg

更にもう一段、うすーーい引出しがあります。
ここは、離乳食のフリージング場所にしました。
今日の整理の一番の目的はこのスペースを作ること!

自分で冷凍する食材は、鮮度を保つため、一気に温度を下げられるよう、
金属バットなどを使うといいそうですよ。



今回、収納量の”かさ”を減らすために工夫したのは、

DSC08540.jpg

うらごしなどのキューブは、外袋の中のトレーから取り出してトレーは廃棄したり。


DSC08541.jpg

どんどん増殖する保冷剤。
子どもが急に発熱するときもあるので、冷凍まくらだけは常に冷やしているけど、
それ以外の保冷剤は、寒い季節になってきたこともあり、数を減らしました。


DSC08526.jpg

あまり増やさないようにはしているのだけど、それでも、これ以外にこんなに沢山。
こどものベビーカー用の保冷剤などは来年の夏まで常温でしまっておくことにして、
それ以外のものは捨ててしまおうかな~。

保冷剤の量を見直すだけでも、結構、冷凍庫の場所が空きますよね。





最近寒くなってきたので、
中に入っている冷凍品も少しの間なら常温に出しておいても大丈夫だと思いますし、
食品の在庫チェックにもなり、冷凍庫の整理、お勧めです♪




そういえば、最近やりすぎ感がある(笑)楽天マラソン。
ちょっとだけ走っています。

次の記事でレポします~。




★ランキングに参加しています。お帰りの際、お手数ですが応援クリックして頂けると嬉しいです★

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へにほんブログ村 インテリアブログ 子供あり家庭インテリアへにほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルモダンインテリアへ

上のバナーをクリックして頂くとブログ村のランキングに反映されます。
皆さまの日々のポチのおかげでランキングが上がり、更新の励みになっています。
わこ




スポンサーサイト
★「読んだよ~」のしるしに、応援クリックして頂けると嬉しいです★
下記の「このブログに投票」をクリックして頂くとブログ村のランキングに反映されます。
皆さまの日々のポチのおかげでランキングが上がり、更新の励みになっています。
わこ



関連するタグ 片づけ・収納 キッチン

2014-11-04(Tue) 11:30| キッチン| トラックバック 0| コメント 0

シンク周辺をスッキリと

我が家のキッチン。

ダイニングとのカウンターを設け、手元は隠れるようにはしているのですが、
なるべくモノを置かないようにしています。

見た目も勿論ですが、調理時にワークスペースが広く取れていると、
一つ一つの動作にストレス無く動けるような気がします。

導線を考え、手を伸ばせば取れるところにキッチンツールを配置し、
見せる収納にするというのもひとつの方法ですが、
私にはワークスペースをスッキリさせる方が合っているみたいです。


DSC07744.jpg


DSC07746.jpg

シンクはこんな感じなんですが、

DSC07747.jpg


この、ふきん掛けのせいで、掃除をするのもちょっと面倒で。

濡れた子どもエプロンを干したりしても、水滴がそのままシンクに落ちてくれるので、
使い勝手は良いんですけどね…。


これ、取り外してみました。



DSC07750.jpg



DSC07753.jpg


うん、このガランとした感じ、良いですねー^^


肝心の使い勝手ですが、
ふきんは、濡れたら都度取り換えるものの、
ちょい使いしただけのふきんを置く場所が無いのはやっぱり不便。

とりあえず今は、水切りかごに置いていますが、
今週末の楽天セールに向けて、何か良いグッズがないか物色中です。





これが第一候補かな。
W30×D10×H25 cm

我が家はシンク上に吊戸棚がないので、設置できるふきん掛けも限られてきます。
以前、シンクから後ろを向いた冷蔵庫脇に
ふきん掛けを設置していたこともありましたが、
シンクからふきん掛けを離すのは、導線的にとーーーーっても非効率!
濡れたお皿を持ってふきんを取ろうとすると、床に水滴が垂れたり。

やっぱりシンクの近くに置けることが最優先です。






愛用しているtowerのポリ袋ホルダーもそうですが、
使わないときは片づけられる、
置き型のグッズって便利ですね。






KEYUCAにも似たタイプあり。
こちらはステンレス素材。
W25×D12×H30 cm なので、towerのものより一回り大きめ。
まな板なんかも立てかけられるみたいです。



 

水切りかごも新調して、この組み合わせもいいかも。

セール当日まで少し悩んでみようとおもいます。








★ランキングに参加しています。お帰りの際、お手数ですが応援クリックして頂けると嬉しいです★

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へにほんブログ村 インテリアブログ 子供あり家庭インテリアへにほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルモダンインテリアへ

上のバナーをクリックして頂くとブログ村のランキングに反映されます。
皆さまの日々のポチのおかげでランキングが上がり、更新の励みになっています。
わこ




★「読んだよ~」のしるしに、応援クリックして頂けると嬉しいです★
下記の「このブログに投票」をクリックして頂くとブログ村のランキングに反映されます。
皆さまの日々のポチのおかげでランキングが上がり、更新の励みになっています。
わこ



関連するタグ キッチン 片づけ・収納

2014-08-27(Wed) 12:19| キッチン| トラックバック 0| コメント 0

キッチンの収納 ~その2 背面収納側

前回記事「キッチンの収納 ~その1 シンク・IH側」の続きです。


我が家のシステムキッチンは、
シンク・IHの背面側に、食器棚や家電を置く収納庫があります。

パントリーが無いので、食材なども含め、
調理に関するものは全て、この前後のシステムキッチン内に収納しています。


DSC07395.jpg


前回記事でシンク・IH側の収納をご紹介しましたので、
今回は背面収納側をご紹介します。



■背面収納側 ■

キッチン収納1

収納場所の分類としてはこんな感じです。

目線の高さで見下ろせ、引出しタイプの収納庫が一番使いやすいので一軍、
目線の高さにあるのが二軍、
しゃがんで取り出したり、中身を目視では確認できないところが三軍、
台に乗らないと取り出せないところが四軍

です。

このあたりの優先度は、扉が引出しタイプか観音扉タイプかで
異なってくると思います。

我が家の場合、三軍に位置付けている下部の収納は、観音扉になっています。
これがもし引出しタイプだったら、もうちょっと使い易かったのになぁ~と、
若干後悔…。
引出しタイプにするとお値段高めでした。

でも、観音扉でも、中に引出しを置いたりスペースを区切ることで、
使い易いよう工夫しています。


まずは一軍収納から。。

<右列一軍>

DSC07357.jpg

無印のPP整理ボックスや100円ショップのトレー等を使って細かく区切っています。

DSC07357‐01

ここは日常良く使うものを中心に収納しています。
ラップや、シンクのゴミ受け、レジ袋、食洗機洗剤、袋止めなどは、
本当に毎日使っていますね。

レジ袋やジップロック、ゴミ受け袋などは、
市販の紙ケースからまるごと出してしまいます。
こうした方が一枚一枚取り出しやすかったりしますよ~。


<左列一軍>

DSC0738401.jpg

カトラリーと、良く使う食器(子ども用食器と、ティーマ15cmプレート)を。
ティーマは、取り皿だったり、朝食のパンを置いたり、何かと良く使います。

  

カトラリートレーはKEYUCAのもの。
重ねられるし、小さいスプーン、長いお箸などカトラリー毎にサイズがピッタリで
お気に入りの収納グッズです。



<左側二軍>

DSC07386.jpg

メインの食器棚。
この中でも、目線の高さを意識して、
2~3段目の手前に使用頻度の高い食器を並べました。
大皿は、無印のファイルボックスを使って立てて並べることで、
使いたいお皿をさっと取り出せます。


<左側三軍>

DSC07389.jpg

今はこんな感じです。
漬け途中の梅酒瓶や、今は使っていない保存容器の類、
あと少しだけスナック菓子などもここに。


<右側三軍>

DSC07382.jpg

左側三軍は殆ど開けることがないけど、キッチンに入って手前側であるこちらの扉は
比較的良く開けます。

調味料のストックや、粉モノ、乾物、缶詰などのストック食糧はここに入れています。
上に書いた通り、観音扉のこの収納庫、最初は凄く使いづらかったのですが、
無印のPPケース引出しやファイルボックスを埋め込んでみたら、
かなり改善されました。

扉を開ける→引出しを開ける で、2アクションになってしまいますが、
何が入っているかをラべリングしておけば、
引出しを何度も開け閉めして探さずに済みます。


<右側 三~四軍>

DSC07381.jpg

何故「三~四軍」なのかというと、高さによって使い易さが異なるから。

下側の二段の引出しに関しては、台に乗らずとも、
背伸びすれば引出しごと取り出すことができるので、三軍扱い。
バーミックスや、保存用タッパー、
おろし金などたまーに使う調理ツールが入っています。

上側二段には、台に乗らないと届きません。
ゴミ袋やスポンジなどのストック、離乳食グッズなど、
殆ど使わないものが入っています。


<中央 三~四軍>
DSC07383.jpg

こちらも、下の段は割とよく使うレシピ本やランチョンマットを。
上の段には、製菓グッズを置いています。


<左側 四軍>

DSC07387.jpg

ここは滅多に開けません。
水筒やランチボックスなどお弁当関連のものが多いかな。
(私に取ってお弁当作りは年2~3回の頻度なので…)


こうしてまとめてみると、キッチンって本当にものが多いですね。

取り出すのも片づけるのも、
一つ一つは小さなストレスだったとしても、
毎日のことなので、積み重なると大きな無駄になったりします。

少しでもキッチンに居る時間を楽しく過ごせるよう、
キッチンの収納は日々改善していきたいと思います。


にほんブログ村 トラコミュ 収納・片付けへ
収納・片付け






★ランキングに参加しています。お帰りの際、お手数ですが応援クリックして頂けると嬉しいです★

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へにほんブログ村 子育てブログ 二人目育児へにほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルモダンインテリアへ

上のバナーをクリックして頂くとブログ村のランキングに反映されます。
皆さまの日々のポチのおかげでランキングが上がり、更新の励みになっています。
わこ




★「読んだよ~」のしるしに、応援クリックして頂けると嬉しいです★
下記の「このブログに投票」をクリックして頂くとブログ村のランキングに反映されます。
皆さまの日々のポチのおかげでランキングが上がり、更新の励みになっています。
わこ



関連するタグ 片づけ・収納 キッチン

2014-08-07(Thu) 09:55| キッチン| トラックバック 0| コメント 0

キッチンの収納 ~その1 シンク・IH側

キッチンは、家の中でも比較的沢山の収納庫がある場所ですね。

自分にとっての開けやすさや、料理や片づけの際の導線を考慮し、
場所別に一軍、二軍…と決めています。


イメージ的には、こんな感じ。


キッチン収納3

しゃがんだり、台に乗ったりしなくても届き、
内容物が目線の高さで目に入る位置が一軍。

しゃがんだり、台に乗ったりしなくても届くけど、
ちょっと目線から外れるところが二軍、

しゃがまないといけないのが三軍、

台に乗らないと届かないところが四軍

・・・って感じです。



我が家のキッチン周りの収納で実際に考えてみると




■ シンク・IH側 ■

キッチン収納2

こんな感じになります。






水を入れたり食材を洗ったりするのに使うもの、
例えば、鍋やボウル、ザルなどは、シンク側にあると便利です。


キッチン収納2-シンク



<シンク側一軍>
DSC07375.jpg




鍋・フタは、これでサイズピッタリにすることで、
使うのも片づけるのも本当にストレスがありません。


<シンク側三軍>
DSC07376.jpg

しゃがまないと取り出せないので、たまに使う調理グッズを収納。
ルクエ、バーミックス用ボウル、ホットサンドメーカー、落し蓋など。





一方、IHで調理中に使うもの、
例えば、調味料や調理ツールなどは、IH側に置くと便利です。


キッチン収納2-IH



<IH側一軍>
DSC07377.jpg

ここにあるものより更に使用頻度の高いツール(お玉、菜箸、木べら)は、
出して収納しています。

DSC07378.jpg

塩・とりがら・コンソメなどの調味料(小瓶)は小さな横引出しへ。


サイズは角型300。
我が家のは、前バージョンのスナップウェアですが。



<IH側二軍>
DSC07380.jpg

小麦粉、パン粉、砂糖、和風だしなどの調味料(中瓶)はこちら。
鍋つかみも、IH側にあれば、使うときの移動距離もなし。



角型1.1Lが使いやすい大きさです。(写真左下の6つはこのサイズ)




<IH側三軍>
DSC07388.jpg

揚げ物グッズ、製菓グッズ、電気プレートなど。
電気プレートは、使うときにダンボール箱から出していましたが、
箱を捨てたら意外に省スペースでこの引出しに入ってしまいました。
ボロボロのダンボールを捨てられて、使うときも取り出しやすくなって
一石二鳥でした~♪



キッチン収納2-三軍


<三軍>
DSC07391.jpg

食洗機下の引出しは、掃除グッズをまとめて。
調理中は開けることは無い引出しです。
後片付けの際に1回開けるだけ。



アメトーークの「掃除芸人」を見て、これイイ!!と買ってしまった
「パストリーゼ」と「ほっといて」は
毎日、後片付けの仕上げに使ってます。

 


後ろ側の収納は次の記事に続きます!


にほんブログ村 トラコミュ 収納・片付けへ
収納・片付け





★ランキングに参加しています。お帰りの際、お手数ですが応援クリックして頂けると嬉しいです★

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へにほんブログ村 子育てブログ 二人目育児へにほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルモダンインテリアへ

上のバナーをクリックして頂くとブログ村のランキングに反映されます。
皆さまの日々のポチのおかげでランキングが上がり、更新の励みになっています。
わこ




★「読んだよ~」のしるしに、応援クリックして頂けると嬉しいです★
下記の「このブログに投票」をクリックして頂くとブログ村のランキングに反映されます。
皆さまの日々のポチのおかげでランキングが上がり、更新の励みになっています。
わこ



関連するタグ 片づけ・収納 キッチン

2014-08-06(Wed) 13:03| キッチン| トラックバック 0| コメント 0

しまった!入らない!からのリカバリ収納改善

先日のマラソンで購入したこちらの深型フライパン。



今までは引き出物カタログで貰った中華鍋を炒め鍋として使ってましたが、表面のコーティングが剥がれて焦げつきはじめたので、買い換えることにしました。

義両親・義姉夫妻が遊びに来たときなど、大量に料理を作る時に少しサイズが小さいと感じていたので、今回は28cmの深型にしたのですが…。



リサーチ不足でした。



我が家のキッチンの収納方法では、このサイズのフライパンは入らない!!
このサイズなのに軽いし大容量だし、フライパン自体はとっても満足なんですけどね。
せめて取っ手が取れれば…。


ということで、急遽収納場所を改善。



↓After↓
DSC06185.jpg


↓Before↓
DSC04970-01.jpg


相変わらずこの収納は変化が分かりづらいですが(笑)


DSC06188.jpg

ここの手前部分に、新たにお迎えした深型フライパンを入れました。




何度も紹介してますが、超重宝している鍋フタスタンド。
好きな幅に仕切りを調整できるので、無駄な空間をゼロにできます。
立てて収納する形なら、鍋やフライパンを取り出すときもノーストレス!


深型フライパンを手前に置くことで、この鍋フタスタンドにフライパン1つ分余裕が出来ました。


そこで、今までは

フタ(群)→鍋(群)

と並べていたのを、

フタA→鍋A→フタB→鍋B→・・・

と、フタと鍋を1セットにして並べてみました。


この引出しはシンクの真下にあるので、

DSC06187.jpg

こんな感じの排水パーツが中央にあり、引出しの中央部分はあまり背の高いものは置けないので、多少イレギュラーな並びになってますが。


DSC06185-01.jpg



更に、この写真をプリントしまして…。


DSC06243.jpg

DSC06245.jpg

引出しを開けたら見えるところに貼っておきました。

私自身、似たような高さの鍋だとどこに戻すか分からなくなることもありますし、
キッチンを使う夫や義母にも分り易いのではと。


とりあえず、収納を変えることで事なきを得ましたが、ちゃんと収納場所を考えてから買わないとダメですね!教訓です。




*****




我が家の娘、生まれてからこの1か月余り、ネンネに関してはかなり優秀でして、寝かしつけに苦労したことはないのですが、

一昨昨日、一昨日と、夜寝に入る前にかなりグズリまして。


うーん、何でだろ!?
これも成長の一環なのか!?
ついに、普通のベビーと同じく、寝かしつけに苦労する魔の期間に突入してしまったの?

とビクビク…。一旦楽ちんなのに慣れると、あの修行の日々には戻れない(泣)


一昨昨日から何か変えたことと言えば、
それまで愛飲していた澤井珈琲さんのデカフェ豆が切れてしまい、マラソンで購入した商品が届くまでは、と、
市販のアイスコーヒー(カフェイン入り)をガブガブ飲みだしたこと…。
授乳中なのにカフェイン摂り過ぎた!?


考えてみると、娘も「興奮のために寝ない」という感じだったような。


昨日、デカフェ豆が到着したのでこちらに切り替えたところ、昨夜はこれまで通りの寝かしつけ不要で寝てくれました(ほっ)


デカフェが無ければ無いで、そこまで気にせずにカフェインを口にしてましたが、新生児にはこんなに影響あるんだとビックリ。
これからは気を付けなくては…と思ったのでした。



安心の澤井珈琲さんのデカフェ豆。
これからも当分お世話になります~!!





★ランキングに参加しています。お帰りの際、お手数ですが応援クリックして頂けると嬉しいです★
にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルモダンインテリアへ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ


上の「ナチュラルモダン」もしくは「片づけ・収納」バナーをクリックして頂くと
ブログ村のランキングに反映されます。
皆さまの日々のポチのおかげでランキングが上がり、更新の励みになっています。
いつもありがとうございます! わこ




★「読んだよ~」のしるしに、応援クリックして頂けると嬉しいです★
下記の「このブログに投票」をクリックして頂くとブログ村のランキングに反映されます。
皆さまの日々のポチのおかげでランキングが上がり、更新の励みになっています。
わこ



関連するタグ 片づけ・収納 キッチン 育児 日記

2014-04-11(Fri) 11:56| キッチン| トラックバック 0| コメント 4

ユーザータグ

お気に入り日用品

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。