プロフィール

わこ

Author:わこ
横浜在住のWM。夫と5歳の息子、2歳の娘の4人家族。
2010年に建てた戸建てで暮らし、家と自分を整える日々です。
収納用品はほぼ無印良品。
2015年5月に2度目の育休から復職しました。

カテゴリ

最新記事

オンライン

現在の閲覧者数:

アクセス数

参加ランキング

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 インテリアブログ 無印良品インテリアへ
ランキングに参加しています。
応援クリック頂けると更新の励みになります。

月別アーカイブ

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


★「読んだよ~」のしるしに、応援クリックして頂けると嬉しいです★
下記の「このブログに投票」をクリックして頂くとブログ村のランキングに反映されます。
皆さまの日々のポチのおかげでランキングが上がり、更新の励みになっています。
わこ



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

我が家ができるまで ~その5:2階の間取り

今日は、このシリーズ最後の記事になります。

過去記事はこちら↓

我が家ができるまで ~その1:マンション希望から戸建へ
我が家ができるまで ~その2:土地に出逢う
我が家ができるまで ~その3:子ども部屋のあれこれ
我が家ができるまで ~その4:1階の間取り


2階の間取りの検討あれこれとご紹介です。

DSC03177.jpg

階段の踊り場には窓ふたつ。とライト。
それ以外には飾りもなーんにも無いただの階段です。

DSC03178.jpg

踊り場から下を見たところ。
最初、図面からはダイニングの大きさのイメージが掴めなくて、今のダイニングセットを購入するときに
「階段下りてギリギリのところまでダイングチェアが来るようだったらどうしよう・・・」
と心配しましたが、それほどでもありませんでしたね。


DSC03180.jpg

階段を上がった所の廊下壁面に、オープンな本棚と、その隣に扉付きの廊下収納があります。
本棚をどこかに造り付けにしたいというのは私の要望です。
本って重量も体積も結構なものになるので、本棚をどこかの部屋に置くとなるとそれはまた色々と大変なので、作り付けてしまった方がラクかなと思いまして。

それと、本棚に子どもの本と大人の本をごっちゃにして置いておくと、子どもは大人がどんな本を読んでるか興味を示すようになり、自然と本を読む子どもになる、というのを何かで読み、本棚は誰かの部屋に紐づかないオープンなスペースに置こうと思っていたのでした。


廊下収納については、こちらの記事で紹介しているのでご覧ください。⇒「無印グッズで廊下収納を整理


DSC03181.jpg

階段を上った突き当りは、子ども部屋予定の洋室です。その3の記事でご紹介したところです。
その3の記事では写真を全く付けていないので、こちらでご紹介します。

上の写真でわかる通り、扉は引き戸を2つ付けています。
そうそう、扉については、私は構造的に許される限り引き戸にしました。
開き戸だと、扉が開く範囲のスペースが何も置けず無駄になるし、「開いている状態」のおさまりが悪いので(廊下が通りづらかったりとか)、開きっぱなしということがしにくくなります。

子どもが個室を使うようになってからも、出来れば、扉を閉めきらず、開けっ放しにしてオープンな感じで使って欲しいな~という願いを込めて^^

DSC03202.jpg

こちらが部屋の中です。せっかくなので、普段中央に鎮座している多機能物干しもどかしてみました。

DSC03203.jpg

逆側から見た図。クロゼットの出っ張りがなければ四角い部屋で使いやすいんだろうなぁ…。(まだ言ってる)


DSC03205.jpg

噂の腰窓です。


DSC03206.jpg

勿論ライト用コンセントも2つ設置。とはいえこの部屋はまだ使っていないので、ライト自体は1つ(前のおうちから持ってきたものを暫定的に)しか付けていません。


DSC03182.jpg

普段はこんな感じで物干し部屋になっています。


DSC03199.jpg


子ども部屋の向かいはトイレです。
2階トイレは、賛否両論あると思いますが、私は作って良かったです。
就寝時などに1階のトイレに行くのはやっぱり遠い!あと、来客時には私は2階トイレを利用します。

DSC03183.jpg

廊下の逆側から撮った図。トイレの並びの隣にはバスルーム・サニタリーがあります。

バス・サニタリーが2階にあるおうちってそれほど一般的ではないですよね。
我が家は狭い土地にめいっぱいでおうちを建てていますが、リビングダイニングは出来る限り広くしたかったので、バス・サニタリーは2階に上げることにしました。

あと、もう一つの理由は、洗濯の導線を良くしたかったこと。

私は滅多に洗濯物は外には干しませんが、この場所に洗濯機を置けば、洗いから干しまでの移動距離がとても少なくて済みます。(この写真撮ってる場所のすぐ後ろがベランダへ抜ける扉です)

現在は、この向かいにある子ども部屋用洋室に室内干ししていますが、その場合にも導線は良いです。

1階に洗濯機があったら…。ただでさえ大っ嫌いな家事である洗濯が更にストレスフルなものになっていたでしょう^^;

あと、副次的メリットではありますが、来客時に見られることが無いってのも良いです。バスルームは結構なパーソナルスペースですしね。(私なんか洗濯後の収納をラクしたいがために下着もここに置いてるし…)

デメリットとしては、子どもを1階で遊ばせながら朝の支度などで洗面所を使う場合に、移動が面倒です。

バス・サニタリーも、その性質上湿気がこもりやすい場所なので、引き戸にして開けっ放しにできるようにするのが一般的だそうです。


あと、2階にある残り1室は主寝室です。

DSC03185.jpg
先日の記事の写真です。



DSC02022.jpg

写真撮るのを忘れていて、大分昔に撮った写真です。
右奥の扉はウォークインクロゼットです。

その隣の梯子ですが…。この部屋は、実はロフトが付いています。

このロフト、このおうちにおける私の最大の後悔です。
おうちの設計プランの中で、ロフトか屋根裏部屋かを選べたのですが、部屋としても使える可能性もあるしなんとなくカッコいいから…という安易な感じで選択してしまったのが大失敗。

実際には、屋根裏レベルの物置としての使い方しかしておらず、シーズンオフのイベントグッズや、過去の思い出系、サイズアウトした子供服などで埋め尽くされており、部屋として使うことは余程のことが無い限りありえません。


それなのに。


例えば今みたいな冬の時期だと、この、ロフトまで続くたか~~~~い天井の部屋全体を、エアコンで暖めることになるのです。
ロフトに置いてある荷物たちもさぞや快適なことでしょう。(ケッ)←自分のせいなんですけどね。。

という訳で、あの頃の私にモノ申せるなら「いいから屋根裏部屋にしとけ」って言いたいです。


DSC03195.jpg

せめてもの効果を期待して、シーリングファンを付けてます。
この部屋は見てのとおり勾配天井なので、これ付けるのもホント大変でした。製品仕様として、勾配は〇度までと決まっていて、我が家の勾配天井の角度でもOKなものが殆どなかったのです。
この程度の広さの部屋にロフト付けて、勾配天井にシーリングファン付けたいという要望って絶対たくさんあると思うんですけどね~。


いかがでしたでしょうか~。気合い入れて、我が家の間取りをご紹介してみました。
設計時にいろいろ考えたあれこれや、実際住んでみて良かった点、悪かった点なども記載したので、これから家を建てるという方には参考になればと思います!

↓こちらも参考になりますヨ↓
にほんブログ村 トラコミュ みんなのWeb内覧会へ
みんなのWeb内覧会




★ 「参考になったよ~!」と応援クリックして頂けると嬉しいです ★
にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルモダンインテリアへ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ

上の「ナチュラルモダン」もしくは「片付け・収納」バナーをクリックして頂くと
ブログランキングに一日1回カウントされます。
更新の励みになります。いつもありがとうございます! わこ


♪私が好きなトラコミュです♪
にほんブログ村 トラコミュ 収納・片付けへ
収納・片付け

にほんブログ村 トラコミュ やっぱり好き MUJI 無印良品へ
やっぱり好き MUJI 無印良品


関連記事


★「読んだよ~」のしるしに、応援クリックして頂けると嬉しいです★
下記の「このブログに投票」をクリックして頂くとブログ村のランキングに反映されます。
皆さまの日々のポチのおかげでランキングが上がり、更新の励みになっています。
わこ



関連するタグ 家のこと

2013-02-27(Wed) 22:41| ご紹介| トラックバック 0| コメント 0

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sotonomisuki.blog.fc2.com/tb.php/148-a4ca21e6

ユーザータグ

お気に入り日用品

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。