プロフィール

わこ

Author:わこ
横浜在住のWM。夫と5歳の息子、2歳の娘の4人家族。
2010年に建てた戸建てで暮らし、家と自分を整える日々です。
収納用品はほぼ無印良品。
2015年5月に2度目の育休から復職しました。

カテゴリ

最新記事

オンライン

現在の閲覧者数:

アクセス数

参加ランキング

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 インテリアブログ 無印良品インテリアへ
ランキングに参加しています。
応援クリック頂けると更新の励みになります。

月別アーカイブ

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


★「読んだよ~」のしるしに、応援クリックして頂けると嬉しいです★
下記の「このブログに投票」をクリックして頂くとブログ村のランキングに反映されます。
皆さまの日々のポチのおかげでランキングが上がり、更新の励みになっています。
わこ



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

便利キッチングッズ

最近、平日の夕食における野菜の摂取方法は専ら「みそ汁」です。

メインのおかずに野菜が入っていれば作らないこともありますが、
例えば焼き魚とか、温めるだけの生協の食材なんかをメインにするときは作ります。

みそ汁を作るとき、最近はこちらを愛用しています。

DSC04025.jpg

生協のカタログで見つけて買ってみました。
「計量みそマドラー」というそうです。


楽天でもありますね。


DSC04026.jpg

こんな感じに、みそに突っ込んで、クルンと回せば、大きい方なら大さじ2杯分、小さい方なら大さじ1杯分のみそがすくえます。

確かに、みそを取るときって、少なくともスプーン2つ必要なんですよね。(すくう方と剥がす方)

それが、これを使えばこれ1本だけで済む!
しかも、大さじ1~2杯をちゃんと測れるっていうのが良いです。
いつも同じだし汁の量で作っていれば、いちいち味見をしなくても毎回同じ味のみそ汁が作れます。

DSC04027.jpg

商品説明では、そのままだし汁の中に突っ込んでみそ溶きとして使ってもいい、と紹介されてますが、
私はもともと持っていたみそこしを併用します。

DSC04028.jpg

クルクルとみそマドラーをみそこしの壁面に這わせて回すだけで、みそがみるみる小さくなります。

DSC04029.jpg

はい、溶けました~~。


まあ、ただコレだけの話なんですけどね(笑)


私のみそ溶きの変遷は…。


レベル1:
お玉でみそをすくって鍋の中に入れ、だし汁を少しずつお玉の中に入れながら菜箸で溶かす
 ⇒最後の方はダマ状態のものがだし汁の中に落ちる

レベル2:
みそこしを導入。菜箸でみそをすくってみそこしの中でぐるぐる
 ⇒みそを取るときの量が目分量。みそが菜箸の形に抉り取られていく。

と、ここまで来た状態でした。

レベル1からレベル2に上がったときも、こんな便利なものがあるのか!と、衝撃が走りましたが、
今回は更にその上を行く発想の便利グッズですね。


日々使うものに関しては、ちょっとした手間を削減するためにも工夫してみると、
知らぬ間に蓄積されていく家事によるプチストレスが軽減される気がしますね。




★ ランキングに参加しています。お帰りの際、応援クリックして頂けると嬉しいです ★
にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルモダンインテリアへ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ

「拍手」の代わりに、上の「ナチュラルモダン」もしくは「片付け・収納」バナーをクリックして頂くと
本ブログ「ととのえる」に一日1回カウント加算され、わこが小躍りして喜びます。
皆さまのポチが更新の励みになっています。いつもありがとうございます! わこ


関連記事


★「読んだよ~」のしるしに、応援クリックして頂けると嬉しいです★
下記の「このブログに投票」をクリックして頂くとブログ村のランキングに反映されます。
皆さまの日々のポチのおかげでランキングが上がり、更新の励みになっています。
わこ



関連するタグ 家事 キッチン グッズ

2013-05-22(Wed) 22:26| グッズ| トラックバック 0| コメント 0

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sotonomisuki.blog.fc2.com/tb.php/212-8ab5e8c6

ユーザータグ

お気に入り日用品

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。