プロフィール

わこ

Author:わこ
横浜在住のWM。夫と5歳の息子、2歳の娘の4人家族。
2010年に建てた戸建てで暮らし、家と自分を整える日々です。
収納用品はほぼ無印良品。
2015年5月に2度目の育休から復職しました。

カテゴリ

最新記事

オンライン

現在の閲覧者数:

アクセス数

参加ランキング

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 インテリアブログ 無印良品インテリアへ
ランキングに参加しています。
応援クリック頂けると更新の励みになります。

月別アーカイブ

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


★「読んだよ~」のしるしに、応援クリックして頂けると嬉しいです★
下記の「このブログに投票」をクリックして頂くとブログ村のランキングに反映されます。
皆さまの日々のポチのおかげでランキングが上がり、更新の励みになっています。
わこ



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

育児のツボ 『愛は能動的な活動であり、受動的な感情ではない』

今日、あるメルマガで配信された記事が心に突き刺さりました。
端折ってご紹介すると。


社会心理学者、エーリッヒ・フロムはこう言っています。


『愛は能動的な【活動】であり、受動的な【感情】ではない』

愛する・愛しているという【感情】があるから、与えるという【活動】(行動)が生まれるのではなく、むしろその逆。

与えるという【活動】があって生まれる関係性こそが、愛であるということ。


ここまでは、引用なんかしちゃって高尚っぽいこと書いてますが、ここからは小っちゃいこと書きますよ~…。



我が家の息子、2歳後半に差し掛かり、最近本格的に自我が芽生えてきたようで、一筋縄ではいかないことが増えてきました。

社会性を身に付けてきたということではありますが、「相手によって態度を変える」ことも目に付くように。


例えば…

平日、子どもをお風呂に入れるのは私、休日は夫が担当なのですが、

夫と入るときは、歯みがきも素直に口を開けるし、髪の毛を洗うのも全く抵抗なし。自ら進んで手で目を抑えて大人しく待っていたりします。

一方、私と入るお風呂は毎日、歯みがきをするにも仕上げ磨きをさせてもらうまでに「自分で!」と自分で歯ブラシを持ってゴシゴシ⇒うがい のセットを5回は繰り返し…。
ここまでしても、歯ブラシを渡してくれなかったり、無理やり取り上げても口を開けなかったり。

最後は、「虫歯になって歯医者さんにいかないといけないよ!」「虫歯痛いよ~!」「(歯みがき後にあげている)あめがいなくなっちゃうよ!」と脅し、なんとか口を開けさせています。


歯みがきはまだマシな方で、一番厄介なのは髪の毛を洗うとき。

我が家はシャンプーハットを使ったりとか、顔に水が掛からないように…などのケアは乳児の頃から一切なしで、シャワーをバーっと頭のてっぺんから掛けてワシャワシャ―っと洗うやり方なのです(勿論夫も)が、
未だに慣れず、最初のシャワーの段階で必ずギャン泣き…。

お風呂って声が響くから、虐待してるかのように聞こえるんじゃないかと

それでも、泣くのを黙殺して手早くシャンプーを終えると、最近では息子、怒りに任せて思いっきり叩いてくるんですよね。しかも何回も。
こっちも素肌だから物凄く痛い!
そして極め付けには、超挑戦的な顔付きで「ヤ~~~~ダ~~~~~~!!!」と大声で叫ぶのです…。


もうね、
イラッとするんですよ。

こんなことくらいで自分、小さいな、って思うんですけど、毎日毎日毎日毎日これの繰り返しで、しかも夫のときは全く違う態度っていうのを知ってるので、


疲れてるときなんかは、本当に、感情が爆発しそうになるんです。



風呂場の壁を思いっきり蹴飛ばして、

「ウルセェんだよバカヤロー!だったら勝手にしろ!!」

と怒鳴りそうになるんです…。

っていうか、怒鳴っている光景を頭の中で想像します。



でも、次の瞬間、

「そんなことしても何の解決にもならない」
「子どもとの関係性を悪化させるだけ」

と思い、実際に行為として表に出すことは無いのですが、


そういう行為をリアルに想像したり、

理性的に損得感情でその衝動を抑えたり、

そんな自分が物凄く恥ずかしいというか、「無償の愛を与える母」とは程遠く、失望するのです。



普段は、とっても可愛い可愛い愛しい息子。

でも、私は、

「息子が可愛い(自分にとって都合の良い子である)」から、愛を与えているだけなんだろうか?



平日は朝しか触れ合わない夫は子供には甘々なので、

「パパだいすきー」

とか、最近、特に何もなくても息子が言ったりするのも、チクリと心に棘を刺します。


まあそんな感じで最近腐っていたんですけど、冒頭に紹介したメルマガの記事を見て、


どんな思考や感情が働いたかは関係なく、
実際に行為として「与える」ことで、愛という関係性が築かれていく



つまり、

心の中で「バカヤロー!」「でも今は抑えて優しくしよう…」と考えた上での打算的な行為でも、

それ、「愛」と思っちゃってオッケー


ってことだと、

自分の中ではハラオチしました。




私はとにかく、この言葉ですっごく気がラクになって、

今日のお風呂も上記のとおり通常運転の息子でしたが、

いつもよりもたくさん、息子の「自分で!」につきあってあげられたし、
いつもよりももっと、優しく接することが出来たと思うんです。


自分を肯定してもらえて、結果、その行為をすることに後ろめたさや罪悪感を感じなくなったのです。


私と同じように、どす黒い感情に自己嫌悪になっているママって居ると思うんですけど、
こういう考え方もあるってことを知って、楽になってもらえたら良いなと思います。



今日はインテリアネタじゃなくて、楽しみにされていた方は申し訳ありません。
それでも応援していいよ~って方はバナークリック頂けたら幸いです↓




★ ランキングに参加しています。お帰りの際、応援クリックして頂けると嬉しいです ★
にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルモダンインテリアへ にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村

上の「ナチュラルモダン」もしくは「インテリアブログ」バナーをクリックして頂くと
本ブログ「ととのえる」に一日1回カウント加算され、ブログ村のランキングに反映されます。
皆さまの日々のポチのおかげでランキングが上がり、更新の励みになっています。いつもありがとうございます! わこ


関連記事


★「読んだよ~」のしるしに、応援クリックして頂けると嬉しいです★
下記の「このブログに投票」をクリックして頂くとブログ村のランキングに反映されます。
皆さまの日々のポチのおかげでランキングが上がり、更新の励みになっています。
わこ



関連するタグ 日記 育児

2013-07-10(Wed) 22:55| 子ども| トラックバック 0| コメント 10

コメント

初めてコメントします。

いつも楽しく拝見しています。コメントを残すのは初めてです。

 我が家も同じ道を通ってきました。自我が芽生え始めるのはとても嬉しいことなのですが、以前に比べて自分の(大人側の)ペースで事を運べないことが増え、私もイライラしていました。
 子どもが自分でする→成長して親は楽になる、ぐらいに思っていたのですが、全く違っていて、子どもが自分でやる→以前の倍時間がかかる→大人イライラ→手伝おうとする→子ども嫌がる→更に時間がかかる…みたない負のスパイラルに突入すること多々。

 世のお母さんがみな、これに付き合って上げていてイライラする私には「なんて母性がないんだろう」と悶々としてました。
 ある日、「ママひとりでするのを手伝ってね」という本に出会いました。
 大まかに言うと、子どもにはそれを経験、学習し、体得しなくてはならない敏感期というものがあり、それは神様から子どもに与えられた宿題のようなもの…。
 紙を破ったり、糸を引っぱったりするのも、その時期に指先の動かし方に対する敏感期なんだと。彼らのする行動には、子どもの時間軸をベースにそれぞれに意味があるんだ、ということに気付いた時に、凄く心が楽になりました。
 子どもって、特に2歳ごろの幼児期は「考えて行動している」ように大人は思ってないことの方が多い気がします。でも、本能的に彼らの行動には意味がある、そう思えたら、少々のイライラでも待てるようになりました。
 もし、まだ読まれたことがなかったら、是非お勧めします。手にとって見てください。
 既に読まれていたら、すみません。

 また時々のぞかせてもらいます♪

2013-07-11(Thu) 09:10 | URL | yukikun #QsbKYR76[ 編集]

ありがとうございます。

はじめまして。おもちゃ収納について調べていたらこちらに出会いました。
今回の記事、まさに私にとってタイムリーでツボでした。
もうすぐ4歳と2歳の子育て中ですが、昨日も上の子の行動にキーっとなり、大人気なく本気で当たってしまいました、、そして後から猛省、罪悪感。。
このやり場のない気持ちが救われた感じです。
これからも楽しみに読ませていただきます!

2013-07-11(Thu) 17:57 | URL | ミオ #-[ 編集]

こんにちは♪
私も4歳の次男との毎日の面倒な(笑)やり取りにぐったりしています・・・
「ウルセエ・・・!」のくだり、私にとっては日常茶飯事(汗
それでも、「愛」と思っちゃって・・・いいのかな??いやいや、行動として恐怖を与えてちゃダメですね・・・

でも、イラッとしながらも、やるべきことはやってあげる。自分の情けない感情に自己嫌悪することはないのかな。
そう思えたら、少しは気楽に付き合えそうな気がしてきました。

それにしても、わこさんちの息子くん、手ごわいですね~(笑
男の子って分からないことがいっぱいですよね。
私は高濱正伸先生の「男の子の育て方」という本を何度も読み返し、笑ったり泣いたりしながら男の子の生態を理解しようと努力しています!
オススメの本です。

2013-07-12(Fri) 10:22 | URL | Nozomirider #-[ 編集]

Re: 初めてコメントします。

yukikunさま

こんばんは!初めまして。
コメントありがとうございました!

そうそう、そうなんですよね。ラクになるのかと思いきや、大人の思う順序や時間でやってくれることは無いにもかかわらず「自分で!」なので、本当に自分のペースでは進まないことばかりで…。

でも、この記事で自分の心の内を暴露したら、私も!という共感を頂けて少しほっとしているところもあります。

そして、教えて頂いた本!
yukikunさんのコメントや、楽天やアマゾンのレビューを見たら、物凄く興味が湧いてきてしまって、そしてきっと今の私が読むべき内容ドンピシャなんではないかと思い、早速ポチしてしまいました。
まだ届いてないのですが、読むのが楽しみです。

私と子どもは週1で幼児教室に通っているのですが、その教室も、子どもは限られた時期に脳の神経が発達するから、その時期に出来るだけ伸ばしてあげることが大切、という教えなんです。
なので、私としても、そういう「限られた時期」に対する理解はあるつもりなんですよね。
そして、今回の記事で書いたとおり、考え方ひとつで自分の心も行動も良い方向に向かっていくこともわかったので、ちゃんとハラオチさせるためにも、紹介頂いた本、読んでみようと思います。

ありがとうございました!これからも宜しくお願いいたします。

2013-07-13(Sat) 22:07 | URL | わこ #-[ 編集]

Re: ありがとうございます。

ミオさま

こんばんは。初めまして!コメントありがとうございます^^
オモチャ収納で辿り着いてくださったんですね~。収納のほうはあまり工夫のないモノで恐縮ですが。。

今回の記事に共感頂けて嬉しいです。この年次の子どもを持つママは絶対!悩んでるはずだ!と確信ありました。
大人げないことも分ってるけど、でも感情が出てしまうことってありますよね!
そういう気持ちをママがちゃんと発散することの方が重要ですよ。
考え方ひとつで心がラクになるのであれば、こんなに良いことありませんよね。
お役に立ててよかったです^^

同じ年頃の子どもを持つ親として、お互い頑張りましょうね~!(といって2人お子さんがいるミオさんとじゃ段違いに大変さは違うと思いますが…)
今後ともよろしくお願いします。

2013-07-13(Sat) 22:12 | URL | わこ #-[ 編集]

Re: タイトルなし

Nozomiriderさん

こんばんは!お久しぶりです~^^コメントありがとうございます。

4歳の次男くんもまだ面倒(失礼)なんですね~。はぁ…先は長い(笑)
でも、Nozomiriderさんのブログ見てると、本当にとーってもイイお母さんに思えるけどなぁ。
暴言吐いちゃったりするんですか?意外~。

そうそう、イラッとしながらでも、やるべきことをやってあげてればそれで良いってことだと思うんですよ。
勿論、その行動から自分の気持ちや相手の反応が付いてくるって意味だと思いますけどね。

うちの子ども、手ごわいんですかねぇ?
私自身は、結構育てやすい子だと思ってたんですが…。ただ、面倒スイッチ入ると本当にメンドクサイ感じ。(手が付けられないって程でもないので、本当は全然マシなんだと思います…)

お勧めの本、ちょっと検索してみようと思います!
やっぱり男の子って未知の生物ですもんね。これから成長するにしたがってどんどんそういうことが増えていくんだろうな~。

ありがとうございました!

2013-07-13(Sat) 22:26 | URL | わこ #-[ 編集]

共感

先日は、アドバイスありがとうございました。

今日はこちらへコメントさせてください。
我が家は一人息子、すでに高1なのですが、記事を拝見し、懐かしく、また励みになりました。
私は、本当に母性が少なくて、〜ねばならない!の典型、私のペース主義で母親失格だよなぁと思いながら今まできました。

だけど、皆さん、多かれ少なかれ、どす黒い感情が時にはあり、また、態度だけでもオッケーてくだりで救われました。

わこさんはとっても息子さん目線で捉えたり愛情そそいでると感じました!
愛情いっぱいだから心配なんですよね。
とっても可愛い息子さん、まだまだ大変だと思いますが、可愛い盛り、いっぱいぎゅうして素敵な時間を過ごしてください^_^

長文失礼しました。

2013-07-15(Mon) 21:35 | URL | りま #xKO/T1Nw[ 編集]

Re: 共感

>りまさん

こんにちは!コメントありがとうございます。
りまさんは高1の息子さんがいらっしゃるのですね。

私も、りまさんと同じく、母性少ない、~ねばならない の人なんです。
今はまだ子どもが小さくて可愛いし、そこまで意志を持って動いたりしないですが、
小学生、中学生、高校生…と成長して憎たらしさも出てきたときに、自分のエゴを出さずに子どもに接することができるのかどうかとっても心配で。

だからこそ、色んな情報を取り入れて、自分を変えていかなきゃいけないなーと思うのです。
そういう類の書籍とかって本当にたくさんあって、皆同じ壁にぶつかってるんだなーと思います。

みなさんからの共感コメントやアドバイスを頂けて、ブログにこの記事書いて本当によかったです。
とっても嬉しいコメントありがとうございました!

2013-07-17(Wed) 10:08 | URL | わこ #-[ 編集]

はじめまして

最近、こちらのブログを知りました。

今、4ヶ月の女の子のママです。


うちもシャンプーハットとかは使わず、髪を洗う際は頭からお湯をかけたいのですが、何ヵ月頃からされてましたか? お暇な時でいいので、教えて下さい。

これからも楽しみにしています。

2013-07-28(Sun) 00:33 | URL | サバダンク #8KU7TB9w[ 編集]

Re: はじめまして

>サバダンクさま

こんばんは!初めまして。
コメントありがとうございました。

4ヵ月!生まれたてですねぇ~^^あの頃が懐かしいです。
我が家では、沐浴を終えて一緒に普通にお風呂に入るようになってから(生後1か月くらいから?)は、あまり顔に水が掛かることを気にせずワシャワシャやっちゃってましたね。
未だに全く平気という訳ではないので、良いのか悪いのかは分かりませんが^^;

参考になれば幸いです~♪

2013-07-28(Sun) 22:39 | URL | わこ #-[ 編集]

コメントの投稿

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sotonomisuki.blog.fc2.com/tb.php/247-6fe4bc47

ユーザータグ

お気に入り日用品

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。