プロフィール

わこ

Author:わこ
横浜在住のWM。夫と5歳の息子、2歳の娘の4人家族。
2010年に建てた戸建てで暮らし、家と自分を整える日々です。
収納用品はほぼ無印良品。
2015年5月に2度目の育休から復職しました。

カテゴリ

最新記事

オンライン

現在の閲覧者数:

アクセス数

参加ランキング

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 インテリアブログ 無印良品インテリアへ
ランキングに参加しています。
応援クリック頂けると更新の励みになります。

月別アーカイブ

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


★「読んだよ~」のしるしに、応援クリックして頂けると嬉しいです★
下記の「このブログに投票」をクリックして頂くとブログ村のランキングに反映されます。
皆さまの日々のポチのおかげでランキングが上がり、更新の励みになっています。
わこ



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

保育参観にて・・・まだまだな私

3歳息子の保育参観に行って来ました。

今日は「泥んこ遊び」のプログラム。
泥んこ遊びなんて…自分では絶対させてあげられないので、
本当に保育園さまさまです。


DSC07028.jpg

泥遊びって、楽しいですよね~。
自分自身、保育園時代の思い出で明確に覚えているのは泥遊びをしたこと。

その他のことはあまり記憶にないけれど、
保育園の砂場で山を作ったり水を流したりして遊んだこと、
その光景や、泥の手触りを、30年経った今でも覚えています。


そんな保育参観にて、ショックを受けたことと、心に残ったことがひとつずつ。


他にも保育参観に来ていた保護者が数人居て、
そのうちの一人のママは、砂場の脇に座り、子どもと一緒に遊んでいました。

私は、下の子を抱っこひもで抱えていたので…
というのは言い訳で、
恐らく下の子連れじゃなくても、一緒に泥では遊ばなかったと思います。


でも、そのママは、自分の手足が汚れるのも気にせず、
子どもの相手をしていました。

そのうち、うちの息子とお友達のA君が、遊具を巡って小競り合いを始めてしまい。
(恥ずかしながら…その時、自分の子を観ておらず、事の次第は分かりません)

気が付いたら、そのママが、うちの息子の腕を掴んで諭していました。

私は、自分が息子を制するタイミングを逸し、そのママが叱ってくれてるのを
横で聞いているのみ。
彼女は、うちの子を叱った後、A君にも同じように諭していました。
(ちなみにA君も彼女の子どもではない)

彼女は、上の子のクラスをメインに交流しているからか、
私を含め息子のクラスのママとはあまり交流がありません。
私自身も殆ど話したことが無い方。

とはいえ、私が母親であり、今日その場に居ること位は知っている筈。

その状況で、自分の子どもではない息子とA君を、
きちんと叱ってくれたんです。

私は…
自分の息子のことなのに、自分が対応出来なかったことを情けなく思うと同時に、
自分が彼女の立場で、間近で見ていたとしても、他人の子をそんな風に
叱ったりは出来ないだろうなぁと思って、

A君を諭した後の彼女に
「ありがとうございました」
と言うことしかできませんでした。

そして、
彼女はきちんと子どもと向き合い、子育てされているんだなと感じました。
正直、今まで少し近寄りがたかった方なのですが、
今日のこの出来事を経て、全く印象が変わりました。

これが印象に残ったこと。



そして、ショックだったことは、

「じゃあ○○くん(息子)に謝ってきな」
と、彼女がA君を諭した後、

A君が息子に近づいて

「○○くん、ごめんね」

と何度も繰り返すのに、
息子、A君を無視して黙々と遊び続けてるんです。


無視されても何度も謝り続けるA君がいたたまれなくなって、

「『ごめんね』って言われたら『いいよ』でしょ!」

と息子に言いながら…はっとしました。




私が息子に対して爆発して怒ったとき、
泣きながら謝ってくる息子を暫く無視して家事を続ける自分の姿が、
A君を無視して遊び続ける息子の姿と重なったのでした。


子どもは、親を映す鏡だというけれど、本当にそうなんですね。

息子が「ごめんね」と言ってきても、
すぐに許さず、無視を決め込むことで、
たかが3歳の子どもに対して報復し、自分の鬱憤を晴らしているという…。

なんという矮小さ。恥ずかしいです。
これからは、息子の謝罪に対してすぐに許してあげなくては、と心に誓いました。

こんな感じで…。
色々と、母としての自分を見つめ直し、反省することが多かった一日でした。





★ランキングに参加しています。お帰りの際、お手数ですが応援クリックして頂けると嬉しいです★

にほんブログ村 子育てブログ 二人目育児へ

上のバナーをクリックして頂くとブログ村のランキングに反映されます。
皆さまの日々のポチのおかげでランキングが上がり、更新の励みになっています。
わこ


関連記事


★「読んだよ~」のしるしに、応援クリックして頂けると嬉しいです★
下記の「このブログに投票」をクリックして頂くとブログ村のランキングに反映されます。
皆さまの日々のポチのおかげでランキングが上がり、更新の励みになっています。
わこ



関連するタグ 育児

2014-06-16(Mon) 21:54| 日記| トラックバック 0| コメント 8

コメント

はじめまして。いつも楽しく拝見しています。
わこさんは自分のいたらなさをちゃんと認識していらして、素敵なお母さんだなと思いました。
わたしも、お嬢さんと同じ学年の娘がいるのですが、大きくなったときに悪影響だなぁと反省する自分の態度がちらほら…。
でも、自尊心が勝るのか、手元の日記にもそういう気づきを書き残さなかったりします。(記憶力もないのですが(; ̄O ̄))
親のことはほんとうにこどもがよく見ていますよね。
わこさんの気づきを拝読し、わたしも、もう少ししたらいたずら大好きになるであろう娘への接し方を今のうちから気をつけようと思いました。こういうエピソードはありがたいです。ありがとうございます(*^^*)

これからも更新楽しみにしています。

2014-06-17(Tue) 09:57 | URL | あかね #JM6Omv1I[ 編集]

Re: タイトルなし

あかねさま

こんにちは。初めまして。
コメントありがとうございました^^

いたらないところばっかりで、本当に反省の連続です。
とはいえすぐに治せる訳でもないので、毎回同じ反省してたりするんですけどね^^;

あかねさんのおうちにも娘ちゃんがいらっしゃるのですね。
娘だと、特に女性としての素振りもマネされてしまいそうだから、息子より余計に気を使わないといけないのかもしれませんね。
プレッシャーですよね(笑)

自分の至らなさをさらすようで恥ずかしい記事なんですが、参考にしてくださる方がいらっしゃるなら書いて良かったです。
これからも宜しくお願いします^^

2014-06-17(Tue) 11:20 | URL | わこ #-[ 編集]

こんにちは。以前もコメントした者です。

私もハッとさせられました。
うちも同じです。同じでした!
(3歳の娘)

ただ、うちの子の場合は、謝れば許してもらえる、というズルさも覚えているので、中々難しいです。

でも「キレて無視する」ということはやはりよくないですよね。

また更新楽しみにしてますね。

2014-06-17(Tue) 13:46 | URL | りね #-[ 編集]

こんにちは。
息子さんへの対応、私も似たような事していました。
高校生になった今もしているかもしれません。

わこさんは報復とかじゃなく、すぐ許したら『何しても謝れば済む』て謝る事の大切さを軽く簡単に捉えてしまうようになって欲しくない、と思ったんじゃないかな?と思いました。

諭してくれたママさん、勇気いったと思いますし素晴らしいですよね。
感謝を伝えたわこさんも素晴らしいです(*^^*)

私もわこさんのように自分を省みることをしなければ!と反省しました。

小さい子供さんお2人の育児は大変だと思います。
ママも人間、時には間違ったり泣いたり感情的になるのも当然です。
たまには、そんな姿見せても大丈夫だと思います。

あまりご自身を追い詰めないよう、お身体をいたわりながら、楽しい時間を過ごしてください(*^^*)

長文乱文失礼しました。

2014-06-18(Wed) 09:58 | URL | モコ #xKO/T1Nw[ 編集]

わこさん、こんばんは。
うちの娘が幼稚園の時…と思いだしながら読ませていただきました。
うちは公立幼稚園だったので、この時期になると毎日泥遊びで、服もドロドロ当たり前でしたー。毎日洗濯で泥落とし必死にやってた記憶が…(/_;)
幼稚園って、専業主婦の方が多く、時間に余裕のあるママが園後も残って話し込むパターン多いんです。私もそのうちの1人でしたし。ただ、私は子供が気になる方で、チラチラ子供を確認しながら話して、話の途中でも切り上げて子供の所へ行ってました。それでも、何度か「しまった、見てなかった…(>_<)」と後悔する出来事ありました。。でも、そこからでいいから対応すればいいと思います。子供達もゆっくり成長していく中で、何度も似た失敗しますから、次回はフォローをしよう!今回は見て下さったママさんに感謝!!でよろしいかと。

現在うちは小2の子供ですが、お友達&ママさんも一緒に公園へ行った時は目を離さないようにしています。子供達と私で鬼ごっことかやってます。子供達も、私は遊んでくれるママと認識してるようで、一緒に遊ぼうって誘ってくれます。私は過保護かもしれません。でも、何かあってからでは遅いので、まだまだ子供達を見守っていきたいですし、自分の娘やお友達関係なく良い事悪い事しっかり目を見て話すようにしています。成長するにつれ、悩みも色々変わってきましたが、親がどこまで子供を助けてやるか、見守るか。中々難しいですが、ゆっくり自分なりの子育て楽しみたいと思ってます。
わこさんのように…いつまでも素敵なママ目指します☆

2014-06-18(Wed) 23:59 | URL | さあや #mQop/nM.[ 編集]

Re: タイトルなし

りねさま

こんにちは!コメントありがとうございます。

りねさまの娘さんも同じでしたか。
本当にドキッとしますよね。
子どもにとって、一番身近にいて行動を観察しているのはやっぱり親なんだなと、改めて感じます。

「謝れば許してもらえる」も、うちの子もそろそろ分かっているっぽいです。
ただ、親の怒り具合によって、ニヤニヤしながら「ごめんね」と言うときと、真剣に謝ってくるときとがあるので、ちゃんと空気を読んでいるのかもしれません。

キレて無視するって、ダメですよね~。
大人に対してだってやっちゃダメなのに…。はぁ、反省です。

今のうちに気付けて良かったと思って、努力しようと思います。
またお付き合い頂けると嬉しいです。

2014-06-19(Thu) 11:05 | URL | わこ #-[ 編集]

Re: タイトルなし

モコさま

こんにちは~!コメントありがとうございます。

子どもが高校生くらいになったら、「無視」も怒りの態度としてアリなのかな~とか思ってましたが…ダメですか?(笑)

言葉で謝りさえすればオッケー → その前の問題行動を再度繰り返す
ではダメなので、悩みどころですよね。
でも、あのときの私を思い返してみても、単なる報復の気持ちでした…(恥)

「謝りさえすればオッケー」を子どもに学習させてしまうのは嫌なんですけど、それ以上に、
「ママはどんな自分でもちゃんと受け入れてくれる味方なんだ」という信頼関係を結ぶことの方が、子どもの小さい今の時期は大事なんじゃないかと思っているんです。

息子を叱ってくれたママの行動、本当に素晴らしいと思います。
私も、そういう風にママ友の子どもも叱ったりできる母親になりたい。
でも、そうするには普段の行動からきちんとしていないと説得力無いんですよね。
母親業って…理想通りにこなそうとすると本当に大変。

でも!
母親も人間(笑)
こうやって間違ったり反省したりしながら子どもと一緒に成長すればいいんですよね。
モコさんの言葉に気がラクになりました^^ありがとうございました!

2014-06-19(Thu) 11:14 | URL | わこ #-[ 編集]

Re: タイトルなし

さあやさん

こんにちは~。コメントありがとうございます!

泥の汚れって子どもを持って初めて目にする頑固さですよね。
こんなに落ちにくいものなんだとビックリしてます。

ママ友との会話や、カメラで子どもを撮るのに夢中になったりして、子どもの行動を見過ごしてしまうことがあり、反省しきりです…。
毎回反省、次からは気を付けよう、の日々ですが、少しずつ成長したいと思います。

さあやさんは、子どもとちゃんと遊んであげるママなんですね!
そして、自分の子お友達関係なく、目を見てしっかり話す、素晴らしいです。
先日の一件があって、
お友達が自分の子に悪いことをしたとき、良かれと思って「良いのよ~」って笑ってスルーするのは、
お友達にとっても、その子のママとってもプラスにならず、むしろ自分の「逃げ」の行為なんだと気づきました。
ちゃんと「叱る」のって、根気も必要だし精神力使いますもんね。

私が素敵なママだなんてとんでもないです。
こうして私の失敗エピソードにコメントくださる皆さんのお言葉で、いつも勉強させてもらってます。
これからも宜しくお願いしいます!

2014-06-19(Thu) 11:32 | URL | わこ #-[ 編集]

コメントの投稿

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sotonomisuki.blog.fc2.com/tb.php/371-7c728555

ユーザータグ

お気に入り日用品

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。