プロフィール

わこ

Author:わこ
横浜在住のWM。夫と5歳の息子、2歳の娘の4人家族。
2010年に建てた戸建てで暮らし、家と自分を整える日々です。
収納用品はほぼ無印良品。
2015年5月に2度目の育休から復職しました。

カテゴリ

最新記事

オンライン

現在の閲覧者数:

アクセス数

参加ランキング

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 インテリアブログ 無印良品インテリアへ
ランキングに参加しています。
応援クリック頂けると更新の励みになります。

月別アーカイブ

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


★「読んだよ~」のしるしに、応援クリックして頂けると嬉しいです★
下記の「このブログに投票」をクリックして頂くとブログ村のランキングに反映されます。
皆さまの日々のポチのおかげでランキングが上がり、更新の励みになっています。
わこ



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

男の子のしつけに悩んだら

少し前の記事に書きましたが、
息子が保育園のお友達をひっかいたりなどの乱暴が目立ち、
男の子育児に悩んでいました。


息子はもう3歳も半ばなので、
言葉が話せない時期の、言葉より先に手が出てしまうという、
「仕方ないよね~」「お互い様」
というのとは違って、
親のしつけが悪いせいなんじゃないか、と思ってしまって。



手が出そうになったら、お友達と引き離し止める。

もし乱暴をしてしまったら、その場で叱り、謝らせる。

自分がされたらいやだよね、と、帰り道や夕食時に再度言い聞かす。

パパにも共有し、後日言ってもらう。(帰りが遅いので当日は無理…)


…と、基本的なことはやっているものの、
正直、響いているのかどうか…。



そして、また同じことを繰り返す


これが、「本当にこのしつけでいいのか?」と不安になる一番の原因です。



親業3年やってても、そのときの子どもの年齢の育児は毎回初心者なわけで。
何か気づきになるかと思い、こちらの本を読んでみました。

『言うこと聞かない!落ち着きない! 男の子のしつけに悩んだら読む本』





著者は20年以上の保育士経験のある男性だそうです。

「子どもとは、男の子とはこういうものなんです」という事実と、
「だからこうすべき」という実践に関するアドバイスが書かれています。


ほんと、目から鱗落ちまくりました。
いっぱいマーカー引きましたよ~。



男の子はとにかく何でも自分が興味を持ったこと、そうしたいと思ったことは
後先考えず、すぐに行動に移してしまう傾向があるようです。
一方、女の子はそれをすることによって、
何か自分にまずいことが起こらないかどうかを確認してから
行動に移すところがあるようです。
かわいい葉っぱが落ちていても、指が汚れそうなくらい汚ければ拾わない。


そうなんですよ!
「ちょっと考えれば(その後めんどくさいことになるってことが)分かるじゃん!」
ということをわざわざやるのが男の子。めんどくさいのは主に母親ですが…。
水たまりにジャンプしたら、長靴の中に水が入って気持ち悪くなる、とか。

で、この「男と女の違い」を「そういうものだとあきらめ」、「受容」することが、
子どもと向き合う人間(親、保育者…)にとって一番大切なこと、と書かれています。


受容せよ、って…。ねぇ…。
それができたら苦労せんわ!


でも、続きがありまして。


じつは、お母さんは息子さんが生まれてから、
すでにたくさんのことを「あきらめて」います。
たとえば、子どもが0歳のときは、
本当は「この子がお話ししてくれたらどんなに助かるかしら」と思っていても、
子どもがしゃべることは「あきらめて」います。
あきらめているからこそ、
子どもがしゃべらないことにイライラしないですんでいるのです。



なるほど…。ハラオチしました。
そういえば私、0歳の娘にはかなり穏やかな気持ちで接しています。

抱っこしても声掛けしても泣くときは泣くし、
それを毎日毎日繰り返されたとしても、イライラはしない。
それって、赤ちゃんと意志疎通して泣きやませることは無理と「あきらめて」いるから。

子どもが0~1歳の頃には無意識にそんな風に考えているのに、
2~3歳になると、
相手が言葉を話して意志疎通が出来るようになってくるだけに、
「言葉が理解できるんだから、私の言うことをちゃんと理解して
その通りに行動出来るはず」

と、思っちゃってるわけです。


そんなの3歳児には無理だよねぇ…^^;


でも、私がイライラするシチュエーションの自分の思考をトレースしてみると、
実際にそういう風に思っているようです。


子どもに対してすぐにイラッとする人(私)と、落ち着いて対処できる人(夫)とは、
この意識が違うんでしょうね…。



しつけとは、「教え込む(教える)」ことであり、「今すぐ実行させる」ことではない

教えるとは、「それはダメ」「これはこうするものよ」というメッセージを
伝えることです。
極端に言ってしまうと、
その場で子どもの行動が変わるかどうかは関係ないのです。
伝えた時点で、すでに「しつけ」は実行されているのです。



私、
「問題行動を起こす『息子』」ではなく、
「息子の問題行動に対して対処する『自分』」
にばっかり気持ちが行ってたんだなあ。


とにかく厳しく言い聞かせることで、被害者の子の親に対して
「しつけ」ているというポーズになる、
みたいな…。


それって全然「しつけ」じゃないし、「育児」じゃないですよね。
育児のゴールは、
子どもが自分で自立して社会で生きていける人間にすることなのに、
完全に目的を見誤っていました。



しつけとは、教えること。その連続。
その場の行動が改まるかは関係ない。
でも、その効果はいつか必ず現れる。



ちなみに、「男の子は5歳くらいで見違えるほど落ち着く」とも書かれていて、
その日がくるのが待ち遠しくてなりません(笑)


他にも、心のメモ帳に書き留めておかねばならない言葉が沢山ありました。




まず、子どもの気持ちを受け止める言葉を

これ、実践中ですが、かなり効果的です。

最近、息子が自分の思い通りにいかなかったときに
「ママ、ばか!」と良く言うんですが、これに対し、
「そっか~。ママ、ばかだね~」と、受け流してます。

それまでは、
「そんなこと言ったらママ悲しいな」とか
「そういう言い方しない!」とか言ったりしてたんですが、
自分もイライラするし子どもも気持ちが落ち着かないしダメでした。

「ママ、ばかだね~」と、暴言をオウム返しすると、
まず子ども的にも気まずさを感じるみたいだし、
気持ちを受け止めてもらえた、と感じ、私の次の言葉を聞きやすくなるみたいで、
反応は上々です。



「すぐに飽きる」のではなく「すぐに満足する」

子どもは「本屋さんに寄りたい」と思っても「ダメ」と言われ、
「ジュースおかわり」と言っても「ご飯が食べられなくなるからダメ」と断られ、
大人ならことごとく自力でかなえているようなほんの小さなレベルの希望でさえ、
なかなかかなえられていないのです。



子どもって、1人でやれないことが多いからこそ、
何でも大人の都合(多くは「めんどくさい」)で制限されてしまう。
そのことを改めて考えてみたら、何て不遇なんだろうと思って、
大したことない要望は、少しだけかなえてあげることにしています。

例えば「ジュースのおかわり」は、「ダメ!」と拒否するのではなく、
「じゃあこれだけね」と、ちょーーーっとおかわりさせてあげたり。




人には「堪忍袋」と「満足袋」がある

満足袋の中身が全然足りなければ、ちょっとのことで堪忍袋の緒が切れやすくなる


息子の最近の問題行動は、満足袋の中身が足りないことが原因だったのかな…と
反省しました。

毎日、寝る前に
「ママは〇〇くんが大好き!」とギューっとしたり、
ちょっとしたことで笑顔を見せたり、
たったそれだけのことでも、子どもの満足袋は満ちていくみたい。




ここ数週間、これらのことを意識して実行していたら、
自然と、お友達とのトラブルは減ってきて、
お迎えのときに何か言われることも無くなりました。


本当に、読んでよかった!と思いました。



この本、子育て中のママが読んだら絶対泣くよ!という言葉がたくさんあります。


子ども時代の10年間に10万回笑った経験のある人は、必ずすくすくと育ちます。
思春期を経て大人になって、困難な状況に直面したとしても、
必ず乗り越えていけます。

作り笑いのない子ども時代にそれだけ笑ったということは、
子ども時代にうれしいことや楽しいことが10万回もあったということ。
そんな子どもは必ずまっすぐ育ちます。


10年間に10万回って、1日30回でいいみたいですよ^^





息子さんが生まれた直後のことを思い出してください。
おそらく、全てのお母さんは、
「この子が、健康で明るくすくすく元気に育ちますように」が一番の望みだったと思います。

この一番の願いは、じつはかなっているのです。





お母さんやお父さんに足りないところがあっても気にせず、
子どもは、いいところばかり見ています。
「ないもの探し」をせず、いつも「あるもの満足」の生き方をしているからです。
だから毎日、あんなに笑顔が多いのです。





一度読んだだけですぐに全てが実践できるわけではないけれど、
行き詰ったらすぐにこの本を広げて、
マーカー部分だけでも読み直すようにしています。

それだけで、ちょっと心が落ち着き、
子どもに対して優しくなれます。


とても読みやすいし、
育児に悩んでいる方にお勧めしたい一冊です。








★ランキングに参加しています。お帰りの際、お手数ですが応援クリックして頂けると嬉しいです★

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へにほんブログ村 子育てブログ 二人目育児へにほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルモダンインテリアへ

上のバナーをクリックして頂くとブログ村のランキングに反映されます。
皆さまの日々のポチのおかげでランキングが上がり、更新の励みになっています。
わこ


関連記事


★「読んだよ~」のしるしに、応援クリックして頂けると嬉しいです★
下記の「このブログに投票」をクリックして頂くとブログ村のランキングに反映されます。
皆さまの日々のポチのおかげでランキングが上がり、更新の励みになっています。
わこ



関連するタグ 育児

2014-08-13(Wed) 14:54| 子ども| トラックバック 0| コメント 8

コメント

わー!共感しまくり!

うちもついこの間まで同じことで悩んでいました。

といってもうちの息子は1歳なのでまだ言葉も出ないし、理解もイマイチですが…(´ω`;)

満足袋が満たされていないと堪忍袋の緒が切れやすい…というのは納得です。

テレビ、ジュース、お菓子、やり過ぎはいけない!それは危ないからだめ!走り回るのもだめ!と、しつけのつもりが我慢をさせ過ぎてしまい、一時期、癇癪起こす、突然走り出す、手を繋がなくなる、目が合わない、笑わない…へんちくりんなことになっていました(´ω`;)

保育所では多動傾向ありますね…とか言われましたし…。

ネットで調べまくって夫と一緒に色々して、今は随分落ち着きましたが…ほんとにノイローゼになりかけてました(;д;)

もうすぐ第二子が産まれるし、仕事復帰したらどうなるんだろう。また余裕がなくなって息子をガミガミ叱ってしまうのでは…(´ω`;)と不安ですが、どこかのサイトで見た、焦らない、比べない、期待しないを思い出しながら子育てしようと思います。

この本も是非参考にさせてもらいたいです(^^)男の子って、ほんとに大変ですけど、時々チューとホッペにしてくれたり、手をにぎにぎしながら寝落ちしたり、かわいいんですよね♥️

2014-08-14(Thu) 18:38 | URL | moriakeboo #Sp2FSNAs[ 編集]

はじめまして!

数ヶ月前から、ブログを拝見させて頂いていました。コメントする、のは、初めてです!

実は、私も3歳半の息子にお手上げ状態で……。保育園なとでは、いわゆる猫をかぶっていて、悪さをすることはなく、自宅でも、何もなければ、特に問題がないんですが、気に入らないことがあると、物は投げるは、食べ物やお茶などもわざとこぼしたり、投げたり……。ちゃんと、理由は、あるのはわかっているんですが、すぐに、投げることがかなり気になっていて。

このブログを読ませてもらって、紹介されていた本、読んでみようと思いました。満足袋と堪忍袋の話、息子も満足袋が満ち足りていないんだと思いました!
何かあたしが変われる所があることを祈って、読んでみようと思います☆
ありがとうございます♪

突然のコメント、そして、長々と失礼しました。
私も、現在生後5ヶ月の二人目の女の子がいます♡お互い、2人育児、頑張りましょうね!!!!


2014-08-14(Thu) 19:25 | URL | あやママ #-[ 編集]

こんばんは!
読ませていただいて、うわ~まさにこれ!!って思いました。
うちは小2の娘ですが、男の子じゃなくても育児の根本的な所は同じなんだな、と。そして、最近少し反抗期?なのか、夏休みだから2学期への不安もあるのか。ちょっとややこしい感じです。

昔、育児書を参考程度に色々読んだことがあります。やっぱり、同じような事を書いてあるんですけど、それを実践できるかは難しいですよね。実践しても、暫くすると忘れてしまう。。そんな葛藤のあった時期がありました。

子供が少し成長して、親と色々話せる年齢になっても、、原点に戻ってみたら「育児」っていつも同じ気がします。
小学校に通うと勉強が絡んできてお友達関係が複雑になります。そんな時、子供が親に自然に相談できる環境かどうか…。これは、子供が小さい時からの親との関係が大事だし、親にせっかく話してくれても親が受け止めてあげれなかったら意味がない訳で。。子供の気持ちを分かってあげれるのは親ですもんね。

子供の気持ちの『満足袋』を高めてあげれるように、明日から実践してみようと思います。明日からは、また違った角度で子供と接する事ができそうです!
子供の小さい時に感じた事を色々思い出す事ができました。わこさん、本当に感謝です!
ありがとうございます☆長文失礼致しました。

2014-08-15(Fri) 00:49 | URL | さあや #-[ 編集]

Re: わー!共感しまくり!

moriakebooさん

こんにちは!コメントありがとうございます。

息子さん1歳なら、まだ言葉が出なくて手がでちゃうのは全然心配ないと思いますよ~。
でも、満足袋と堪忍袋の話は、ナルホド、と思いますよね。親としても思い当たる節がありまくるというか^^;
しつけのつもりが我慢させ過ぎてしまうっていうのも、本当によくわかります!
あるときハッと「なにやってんだ!?」って気づくんですよねぇ…。

第一子だと、親側も何もかもが初めてで手探り状態で、色々と失敗もありますよね。
でも、皆、どの親も同じなんだなぁと思ったら少しラクになりますよね!

下のお子さんが生まれたら、お兄ちゃんは更に我慢しなければならなくなるとおもうので、今のうちにたくさんラブラブしてあげてくださいね^^

2014-08-18(Mon) 09:35 | URL | わこ #-[ 編集]

Re: はじめまして!

あやママさん

こんにちは!はじめまして。
コメントありがとうございました。

3歳半の息子さん、うちの子とちょうど同じくらいですね。
でも、保育園では猫かぶりタイプなんだぁ…。その分、おうちで発散させてるんだとしたらタイヘンですね…。

本に書いてあったんですが、
子どもは親のことが大好きだし、問題と思われる行動も、親を困らそうと思ってやっているわけではない。
無知ゆえの失敗だったり、好奇心を満たすためだったり、何らかの理由があるんですよね。
あやママさんは、そのことに気づいていらっしゃるのだから、私よりも一歩先を行ってらっしゃいますよ!

息子さんんも、あやママさんも、少しだけ変わることでお互い楽になると良いですね^^

5カ月の娘さんもいらっしゃるなんて、うちと本当に構成が一緒なんですね。
上の怪獣と比べると、娘…癒しですよね(笑)

お互い二人育児頑張りましょう!

2014-08-18(Mon) 09:46 | URL | わこ #-[ 編集]

Re: タイトルなし

さあやさん

こんにちは!コメントありがとうございます。

そうですよね、男の子も女の子も、根本のところは同じですよね。
幼児期の今の時期なんて、思春期とかに比べたら100倍マシだと思っているので、小学生になった、娘さんへの対応の大変さ、お察しいたします…。

この本にも、「男の子育児も、大変なことだけじゃなくて良いこともあるよ」的な感じで、「女の子の場合、大きくなると友達関連のトラブルに巻き込まれやすい」って書いてあったんですが、やっぱりそうなんですね。
自分の幼少時を思い返してみても、確かにそういう難しさはあったかもしれません。
大学生くらいになっちゃうと、何も気にならなくなっちゃうんですけどね。

私の方こそ、少し先を行く先輩ママのお言葉、色々と勉強になりました。
子どもが悩んだ時に親に話してもらえるような関係づくり、頑張らないとですね。

私も、偉そうに書いておきながら、未だに毎日怒っては反省…の繰り返しです(笑)
お互い頑張りましょうね!

2014-08-18(Mon) 09:52 | URL | わこ #-[ 編集]

お久しぶりです♪
以前一度コメントさせて頂いたmiiと申します。

私も色々共感しながら読ませて頂きました。
しつけのお話も…。

何かの本で読んだのですが
「躾」ってお裁縫の「しつけ糸」と同じそうです。

「この辺りだよ〜」と軽くとめてあげること。
それをしっかり縫い付けるのは子供の仕事なんですよね^^

男の子…というか、私の知っている限りでは
「第一子」に手を焼いているお母さんが多いと思います。
(私も含め。笑)

0歳でも、3歳でも、10歳でも、
その年の子を育てるのは初めてですもんね。

私もまだまだ悩んでばかりです。
お互いがんばりましょうね。

2014-08-18(Mon) 11:21 | URL | mii #s2b0pAEE[ 編集]

Re: タイトルなし

miiさん

お久しぶりです!コメントありがとうございます♪

「しつけ糸」かぁ~。
なるほどですね!
「それをしっかり縫い付けるのは子どもの仕事」って、ハッとしました。
乳児~幼児くらいの子どもを育てていると、子どもの将来は全て親の行動に懸ってるんじゃないかと思いがちですけど、主役はあくまでも子ども自身なんですよね。

第一子の育児は、当たり前だけど初めてづくしで、戸惑うことばかりですよね。
そうか、男の子だけじゃないんだな。
でも何故か、他のおうちは上手く子育て出来ているように見えちゃうんですよね。

こうしてブログ記事に書くと、共感のコメントを一杯頂けて、励みになります。
お互い頑張りましょうね^^

2014-08-19(Tue) 09:34 | URL | わこ #-[ 編集]

コメントの投稿

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sotonomisuki.blog.fc2.com/tb.php/384-bdc86337

ユーザータグ

お気に入り日用品

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。