プロフィール

わこ

Author:わこ
横浜在住のWM。夫と5歳の息子、2歳の娘の4人家族。
2010年に建てた戸建てで暮らし、家と自分を整える日々です。
収納用品はほぼ無印良品。
2015年5月に2度目の育休から復職しました。

カテゴリ

最新記事

オンライン

現在の閲覧者数:

アクセス数

参加ランキング

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 インテリアブログ 無印良品インテリアへ
ランキングに参加しています。
応援クリック頂けると更新の励みになります。

月別アーカイブ

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


★「読んだよ~」のしるしに、応援クリックして頂けると嬉しいです★
下記の「このブログに投票」をクリックして頂くとブログ村のランキングに反映されます。
皆さまの日々のポチのおかげでランキングが上がり、更新の励みになっています。
わこ



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

2014衆院選 選挙について思うこと

先日、衆議院選挙の公示がなされ、
きょう、12/5から期日前投票が開始されましたね。

といっても、我が家にはまだ投票入場券(選挙のハガキ)が届いてないのですが…。
何か、遅れてるらしい?


ちょっと、今日の記事はいつもと違うテンションですが、
まず最初に、言いたいことを書いておきます。


皆さん、選挙に行きましょう!
とりあえず行くだけで良いです。
自分ちに届いた選挙のハガキを置いてくるだけでも良いです。

(あ、気持ち的にと言う意味で。
本当に会場に置いてくるだけだと無効になっちゃうので(笑))


誰に、どの党に投票するのが良いかが分からなければ、
白票でもいいです。
それも立派な意思表示です。





以下、上記の主張に至る私の考えです。

私が漠然と不安を抱いている日本の社会問題は、

・少子高齢化
・年金財政の破綻
・増え続ける医療費

なんですけど、
これって、ぜーーんぶ、今の若者・現役世代が煽りを食うお話です。

私のブログを読んでくださっている人達だって現役世代の方ばかりだと思うので
全くヒトゴトじゃありません。


これらは、何年も前から、ヤバい、ヤバいと騒がれ続けているけど、
一向に解決に向かわないですよね。

そりゃそうなんです。
国が、政治が、数十年後(今の若者の老後)のことなんか
本気で考えてくれていないから。

だって、現役世代を守る施策を投じれば、
そのしわ寄せ(負担)は相対的に高齢者に行くことになる。
自分達に不利になるマニフェストを掲げる候補者に、
高齢者が投票するはずありません。

少子高齢化が進んでいて、ただでさえ高齢者の割合の方が多いのに、
加えて今の若者は選挙に行くことすらしない。
こういう状況では、政治家は、
自分が当選するために高齢者に有利な政策ばっかり打ち出すし、
選挙時にマニフェストに掲げます。

政治家だって、ボランティアでやってるんじゃありません。
まずは自分が食べていくため選挙に当選しなきゃいけないし、
実際に投票してくれる人達に有利なことをするのは当たり前です。




・・・って、こーいう話、皆さん、耳タコですよね。
私もそうでした。

でも、自分事に落とし込めてる人って少ないと思う。
もし、自分の身に降りかかってる事と思えてるとしたら、
居ても立ってもいられなくなるほど不安なはず。
政府や政治家に憤りを感じるし、
選挙行かないとかありえない!って感じになると思う。

まだ、自分や夫が会社からお給料を貰えている間は
実感無いのはある意味当然です。
毎月、まとまった額が銀行に振り込まれるのが当たり前という状況では、
身をもって危機感を感じたりはできません。


でも、確実にこの未来は来ます。
そもそも、「年金貰える年齢も65歳に変更します」って数年前に言われて。
暴動起きてもいいレベルだと思うんだけど、あ、そーなのって受け入れちゃってる。
まだ、数十年後の話で、自分事だと思ってないから。

でも、退職して、毎月のお給料が無くなった状態で、
「年金貰えるの5年後です」って言われたらどうでしょう。
どうやって5年間生き延びますか?
勿論、だから今のうちから備えておいてね、ということなんでしょうが、
そもそも65歳からもらえるかどうかも怪しいもんです。
「やっぱり65歳支給でも財政厳しいから70歳にするわ!」
とか、突然政府の発表があるかもしれません。

しかも、貰える金額は、今の水準よりずーーーーっと低い。
(その頃には、現役世代1人が1人の老人の年金を支えるという試算です)
自分の両親や祖父母が貰っている額を想定していたら大間違いです。

まあ、「生きる」ことはできるでしょう。
最低限、生きて行くための社会保障を受けながら。
最悪、生活保護とかね。

先日、NHKで放送していた「老後破産」という番組、観た方いらっしゃるでしょうか。
ちょっと目を背けたくなる内容でした。

興味ある方はググってみてください。たぶん、動画も観れると思います~。
ただし、衝撃ですよ…。閲覧注意レベル。


言い方悪いですが、「ただ、生きているだけの状態」とは
こういうことだと思います。


番組の趣旨としては、
現状、こういう、貧困に苦しむ高齢者が多いから、
今の高齢世代をなんとかしていかなければ!
ということなのかもしれませんが、
数十年後、私たちが老後を迎える頃には、今の数どころの話じゃなくなります。
だって、今老後を迎えている人達って、まだまだ年金貰えてる世代なんですから。

ちゃんと定年まで真面目に働いてればそんな最悪なケースにはならないでしょ~

というのも、希望的観測です。
政府が発表している、「夫婦でゆとりのある生活」を送るための毎月の生活費は
36万6000円です。結構な額ですよね。
この額を年金で貰える人って殆ど居ないはず。


何だかこの手の話を始めると、自分の無力さを痛感してしまうのですが、
そんな私たちでもできることが、選挙に行き、投票すること。


でも、どうせ、私の一票で政権がひっくり返るわけじゃないし
候補者が当選することにも大して貢献できるとは思えないし
そもそもあまり政治に関心がないのに、投票だけ行くなんて逆に無責任


分かります、その感覚。


でも、重要なのは、

今回の選挙で、どの候補者が、どの政党が勝つか
自分の一票が誰かの当選に貢献するかどうか
じゃないです。



2X歳、3X歳の自分が、
選挙に行った痕跡を残してくること

ただそれだけで良いと、私は思っています。


投票所に入る時に、自宅に来た投票はがきを提出しますよね。
あれにより、「どこそこの〇〇さんが投票に来た」という結果が残ります。
さらに、「〇〇さんが3X歳」という情報も住民情報から分かるので、
集計後には、若者世代の投票率に加算されます。

若者の投票率が上がれば、
今は高齢者の方しか向いていない政治家だって、
当選するために若者を無視できなくなります。
つまり、今回の選挙ではなく、
数年後、数十年後の政治にきっと響いてくるはず。


私自身、恥ずかしながら今まで、

「政治に無知な自分が投票に行かなくてもいいんじゃないか」
「私1人くらい投票に行っても行かなくても差支えない」
「年金の問題は知ってるけど、うちは会社員で厚生年金もあるし
共働きだしなんとかなるんじゃないか」

とか思ってました。

20歳になって投票権を得ても、学生の頃は、
住民票が実家だったこともあり、投票、行ったことありませんでした。


それでも、自分達世代はまだなんとかなったとしても、
自分達の子ども世代はどうなるでしょうか。
このまま行ったら、日本に明るい未来が訪れるシナリオはありません。

不幸にするために子どもを産んだわけじゃないのに、
この子達の未来には苦しみしか待っていないなんて、悲しすぎます。

そして、今の投票に行かない親世代を見て、
子ども達世代が政治に夢を持ち、選挙で政治を変えようと思えるでしょうか。



ここまで語っておいてなんですが、私、政治に詳しい訳じゃないです。
でも、政治に参加する意志のある30代の一票を投じるために、
投票に行きます。

ちょっとネットでググれば、
自分の選挙区の候補者や、各政党のマニフェストなんて調べられますしね。


投票なんて行くのが当たり前、何をいまさら、という方も多いでしょうが、
以前の私のような考えの人がいたり、家族がそういう考えの持ち主である、
という方に、この記事が響けばいいなぁと思います。


私も、リアルの知人に改まってこういう話するのは恥ずかしいので(笑)
書かせていただきました。
関連記事


★「読んだよ~」のしるしに、応援クリックして頂けると嬉しいです★
下記の「このブログに投票」をクリックして頂くとブログ村のランキングに反映されます。
皆さまの日々のポチのおかげでランキングが上がり、更新の励みになっています。
わこ



関連するタグ 日記

2014-12-05(Fri) 13:20| 日記| トラックバック 0| コメント 14

コメント

はじめまして。北欧モダンなおうちのroseです。
いつも、ブログ拝読しています!収納記事とても参考になります(^^)

ブログ村の更新情報に出てくるタイトルを見て、
「なんかいつもと違う内容!?」となんとなく読み進めてみたら、、、

スッゴい 心に響きました!!!

今まで 「期日前を利用してでも選挙に行く派」でしたが、どうして自分が行くのか なんて考えたことなかったです。
選挙に行くだけで 義務を果たしたと思ってた自分がお恥ずかしいです(^_^;)

確かに、政治家は高齢者を向いて 仕事してますよね。
「30代が選挙に行ったという記録」を残すだけでも、大切な意味があるんですね。

ためになる記事をありがとうございます!
思わず、コメントしてしまいました。
これからも、更新楽しみにしています(^^)

2014-12-05(Fri) 16:31 | URL | rose #-[ 編集]

初めましてー

いつも拝見しています。
人気ブロガーさんで、選挙に言及する方はあまりお見かけしませんので、嬉しくてコメントします。

ですよね、まずは意思表示ですよねー!若い世代をなめるなよ!!と思います。

2014-12-05(Fri) 21:41 | URL | しぃ #/3lq3RJs[ 編集]

まったく同感です

最初から最後まで、まったくの同感です!
加えて、いま私たちが選挙権を得ているのは、昔の人が命懸けで運動してくれたおかげ!というのも選挙のたびに考えます。
うちにはハガキが来てたので、月曜日に期日前投票に行こうと思います。
子供たちの未来が心配でなりません。

2014-12-06(Sat) 15:36 | URL | とみ #-[ 編集]

同感です
当日子どもを連れて行くのは大変なので選挙はいつも期日前投票(子どもが幼稚園行ってる間に)に行きます
私の入れるたった1票で〜なんてあれこれ考えず、何もしないよりは良いでしょ、と思って行きます

2014-12-06(Sat) 21:18 | URL | るる #-[ 編集]

2度目まして

わこさん、2度目まして。

以前、まんまるネンネの際にコメントさせていただきました。

娘も生後半年を迎えたのですが、
この子が大きくなった時に日本という国は大丈夫なのかな…
と、ふと不安になったりしてたので、わこさんの記事にすごく共感し思わずコメントしました!

2014-12-07(Sun) 22:32 | URL | まっけん #rd9WT.32[ 編集]

Re: タイトルなし

roseさん

こんにちは!コメントありがとうございました。
ブログも少し拝見しました~!素敵なおうちでうっとり…。
我が家が実現出来なかったポイントとか実現されていて、羨ましいです!

今回の記事も、読んでくださってありがとうございました。
なかなか、インテリア・収納ブログではみかけないタイトルですよね(笑)

期日前を利用してでも選挙に行くというのは私からしてみたら素晴らしいです!
以前の私は、選挙日に用事があって行けなかったらしょうがないか~的に諦めてたときもありましたし。
記事にも書いたように、投票に行くだけで、それは物凄い大きな貢献だと思っています。

書いているうちに何度もアップを迷った記事でしたが、響いたと言って頂けて嬉しいです。
こちらこそありがとうございました!

2014-12-07(Sun) 22:33 | URL | わこ #-[ 編集]

Re: 初めましてー

しぃさま

こんにちは!初めまして!
コメントありがとうございました。

何だか見慣れない記事内容でしたよね。
人気ブロガーなんていうのはおこがましいですが、一定数の数の方に観て頂けているので、誰かしら、何か感じるところがあれば、と思って書きました。
何せ、私も、政治関連殆ど知識のないイチ市民ですから。

「若い世代をなめるなよ」
その通り!!私も、ホントにそう思います!!

2014-12-07(Sun) 22:38 | URL | わこ #-[ 編集]

Re: まったく同感です

とみさま

こんにちは!はじめまして~。
コメントありがとうございました。
色々と共感して頂けて嬉しいです。

そうですよね、今の民主主義政治があるのは昔の人達のお蔭なんですよね。
それなのに、その恩恵を享受せずにみすみす捨てて自分達の将来を棒に振っている今の現役世代。
少しでも、そういう人達に何か考えさせるきっかけになればと思ったりします。

期日前投票、是非、痕跡を残して来てください。
私たちの行動が、きっと子供達の未来の糧になると信じて…。

2014-12-07(Sun) 22:45 | URL | わこ #-[ 編集]

Re: タイトルなし

るるさま

こんにちは!はじめまして~。
コメントありがとうございました。

お子さんが居ることを想定して、ちゃんち期日前投票されてるなんて偉いですよ。
当たり前のことですが、出来てない人(私も含めて)沢山いるので…。
そうそう、今回の一票が何の役に立つか、なんて考えてると、あまり意味を感じないんですよね。

2014-12-07(Sun) 22:49 | URL | わこ #-[ 編集]

Re: 2度目まして

まっけんさん

こんにちは!二度目まして^^
コメントありがとうございました。
娘さんは良く寝てくれてますでしょうか?
半年過ぎからは天使のカワイサですよね~。このまま成長しないでほしいと思うくらい(笑)

今の私たちですら今後が不安なのに、この子達の将来はどうなってしまうだろうと思ってしまいますよね。
厳しい時代を生き抜く力を身に付けて欲しいなと思いますが、同時に、政治の方面からも、少しでも不安が解消されればと願わずにいられません。

2014-12-07(Sun) 22:53 | URL | わこ #-[ 編集]

選挙行くよ!

私は毎回必ず投票に行ってたけど、ここまで考えてなかったなー。今の若い世代が投票することで、当選したいひとが未来に向けた政策を出してくるのね〜。
ヤバそうな政治団体が主導権握らないよーに、程度でしか考えてなかったわ。(^^;;子供達の未来の為にも投票行くぞー。

2014-12-09(Tue) 19:08 | URL | MMU #-[ 編集]

Re: 選挙行くよ!

MMUさん

こんばんは☆コメントありがとう!
ちゃんと毎回投票行ってるだけエライよ!私は記事に書いた通り、以前は行かない時期もあったからね。
そうそう、今の若い世代が投票に行くと、候補者が若者の方を向いてくれるかなと思って。
選挙に行く親の姿も、子どもに見せたいものだよね。

2014-12-11(Thu) 20:04 | URL | わこ #-[ 編集]

選挙、近づきましたね。
私も毎回行ってます。この一票で何が変わるとか考えるよりまずは行こう、みたいなどちらかというと勢いって感じで。あと今の政権賛成ばっかりと思われても悔しいなぁ、とかテレビ前で愚痴ってるのの延長みたいな軽い気持ちでした^^; でもこの自分の投票行動が未来の政治家に影響与えられるなら、今より希望持って選挙に行ける気がします。

2014-12-12(Fri) 08:28 | URL | くま #-[ 編集]

Re: タイトルなし

くまさま

こんにちは!コメントありがとうございます。
いよいよ明後日ですね~。
自分の一票で何か変えてやろうなんて意気込みは必要ないのかもしれませんね。
くまさまのように、行くのが当たり前、という感覚の方が良いのかも。

意外と、「若者の投票率を上げる」って感覚、盲点だったんですね。
こうしてコメント頂いて、やっぱりこの記事書いて良かったなぁと思いました。
ありがとうございました!

2014-12-12(Fri) 21:57 | URL | わこ #-[ 編集]

コメントの投稿

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sotonomisuki.blog.fc2.com/tb.php/428-bc2d03f4

ユーザータグ

お気に入り日用品

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。