プロフィール

わこ

Author:わこ
横浜在住のWM。夫と5歳の息子、2歳の娘の4人家族。
2010年に建てた戸建てで暮らし、家と自分を整える日々です。
収納用品はほぼ無印良品。
2015年5月に2度目の育休から復職しました。

カテゴリ

最新記事

オンライン

現在の閲覧者数:

アクセス数

参加ランキング

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 インテリアブログ 無印良品インテリアへ
ランキングに参加しています。
応援クリック頂けると更新の励みになります。

月別アーカイブ

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


★「読んだよ~」のしるしに、応援クリックして頂けると嬉しいです★
下記の「このブログに投票」をクリックして頂くとブログ村のランキングに反映されます。
皆さまの日々のポチのおかげでランキングが上がり、更新の励みになっています。
わこ



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

サイボウズのワーママのCM

最近、ネットでサイボウズのCMが話題になってますよね。



これ…やばいです。
何度見ても涙腺崩壊。

病児保育のくだりとか、
仕事も育児も中途半端になっていることへの後ろめたさとか、
育児をまかせっきりの夫に対する愚痴とか、
大変なときに限って思い通りに動いてくれない子供へのイライラとか、
モノローグの一言一言が「あるある」過ぎて。

そして、これだけ話題になっているということは、
それだけ、共感している人が居るんでしょうね。
つまり、これが、大多数の日本のワーママの現実である、と。

家庭によっては、これが母親ではなく
父親というケースもあるんでしょうが、
どっちにしても、

同じ「働いている親」という立場なのに
こういう自己否定感やいっぱいいっぱい感と対峙しているのが
「常にどちらかのひとり」というのが問題なんだと思います。

我が家で言えば、うちの夫は、
この動画の主人公をそのまま男性俳優にして作られたものを観ても
1ミリも共感しないと思う。
だってこんなこと、やったことないし感じたこともないだろうから。




ちょっと前に「家庭の経済学」という本を読んだことがあって、その中に、
戦後の日本の高度成長期においては、
父親が外で働き、母親が家を守るという分業(専業)の形態が、
その家庭の経済力を一番高める結果となっていたそうです。

学歴や年齢が重視され、
企業にひとたび就職すれば定年まで年収は上がるいっぽう、
平日は遅くまで残業して休日はゴルフで接待して、
出世レースを上り詰めることを目標とするような会社人生活が
スタンダードであった時代ならば、
どちらか片方(この時代はそもそも男性にしかこの選択肢が与えられてなかったし)がそれに専念し、
もう片方がサポート役にまわるという方法が
「一世帯」という単位で見れば一番効率的だったということは理解に難くありません。


しかし、
長引く不況の影響で世帯収入も右肩下がり、年功序列の出世も望めなくなり
専業主婦なんて超贅沢品となってしまった現代において、
母親も外で仕事をすることが当たり前になっているにも関わらず、

「家を守るのは母親」

という慣習は相変わらず引き継がれている訳です。


そりゃ歪みが生まれるよなぁ。



世界中の国の働く女性の環境を知ると、
日本のワーママって1人で頑張り過ぎだなーって思います。

他の国では、共働きにおいてはもっとパートナーの協力があるし、
ママ自身も割り切ってアウトソーシングしてる。


以前、ワークライフバランスの小室淑恵さんの講演記事で、
「なぜ日本の女性は子どもを産みたくないのか」ということについて語られている話、
本当にその通りだと思いました。


父親も、母親も、会社も、社会も、変わらないといけないと思う。



小室淑恵「山積する社会問題をタダで解決する、たった1つの方法」
関連記事


★「読んだよ~」のしるしに、応援クリックして頂けると嬉しいです★
下記の「このブログに投票」をクリックして頂くとブログ村のランキングに反映されます。
皆さまの日々のポチのおかげでランキングが上がり、更新の励みになっています。
わこ



関連するタグ 日記

2015-01-13(Tue) 22:59| 日記| トラックバック 0| コメント 0

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sotonomisuki.blog.fc2.com/tb.php/436-e6d25667

ユーザータグ

お気に入り日用品

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。