プロフィール

わこ

Author:わこ
横浜在住のWM。夫と5歳の息子、2歳の娘の4人家族。
2010年に建てた戸建てで暮らし、家と自分を整える日々です。
収納用品はほぼ無印良品。
2015年5月に2度目の育休から復職しました。

カテゴリ

最新記事

オンライン

現在の閲覧者数:

アクセス数

参加ランキング

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 インテリアブログ 無印良品インテリアへ
ランキングに参加しています。
応援クリック頂けると更新の励みになります。

月別アーカイブ

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


★「読んだよ~」のしるしに、応援クリックして頂けると嬉しいです★
下記の「このブログに投票」をクリックして頂くとブログ村のランキングに反映されます。
皆さまの日々のポチのおかげでランキングが上がり、更新の励みになっています。
わこ



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

堀江貴文著 「ゼロ」

ホリエモンこと堀江貴文さんの著書、「ゼロ」を読みました。




本人直筆の帯コメント

僕は今まで、誰かにわかってもらおうという努力をほとんどしてこなかった。
結論のみをシンプルに伝えれば伝わるものだと思っていた。
でも~(中略)~僕には、本当に伝えたいことがある。
だから僕は変わろうと思う。言葉を尽くして、語っていきたい。



にあるように、

今まで世間から誤解され続けても意に介さず、
自分の信念を貫いていた彼が、

人に何かを伝える・耳を傾けてもらうためには、
発する言葉そのものの意義ではなく
発する人間への信頼・共感が必要なんだ と気づいたのでしょう。

私たち一般の人達が共感できるよう、
とても恵まれたとは言えない生い立ちや、
優秀とは言えない学生時代、
件のライブドア事件で投獄された当時のことについても
赤裸々に語っています。

そういう、表現としての下心というかテクニカルな部分が
大部分を占めているこの本ですが、
テレビや雑誌などのメディアが作り上げた彼しか知らない私にとっては、
堀江さん視点での語りや当時の状況説明の記述も
かなり興味深かったです。


でもなにより、

第3章 『カネのために働くのか? -「もらう」から「稼ぐ」へ』
の、119~120ページ、この2ページはとにかく秀逸。


引用・抜粋すると、

あなたはいま、はたらくことを「なにかを我慢すること」だと思っていないだろうか?
そして給料のことを「我慢と引き換えに受け取る対価」だと思っていないだろうか?

人生の中で、仕事はもっとも多くの時間を投じるもののひとつだ。
そこを我慢の時間にしてしまうのは、どう考えても間違っている。

どうしてそんなに仕事が嫌なのか、~(中略)~
多くのビジネスマンは、自らの「労働」をお金に換えているのではなく、
そこに費やす「時間」をお金に換えている
のだ。

有限かつ貴重な時間を、無条件で差し出さざるを得ない状況。
時間以外のリソースを何も持ちえていない状況が、
(人生が豊かになっていかない)根本原因なのだ




私にとっては色々と耳の痛い話ではありましたが、
これをスパ――ンと書いたこの人、本当にすごい、と思いました。

このことに早いうち、少なくとも就活する前から気づいていたら、
全然違った仕事人生になっただろうなぁ…。

あ、でも、この本で堀江さんが言いたいことは、
「いつでも、今からでも、全然遅くない」
ってことなんですけどね。




あるとき堀江さんは、意図せずして、
「刑務所」での「懲役」という形で「働く」ことを要求されます。
学生時代に起業し、以降、経営者として働いてきた彼にとって、
180度違う立場・環境です。

誰にでもできる単純作業、
理不尽ともいえる上司(先輩受刑者)。。。

そんな(経営者側視点だけでなく)労働者としての経験も踏まえて、
「働く」ということに対して抱いている、
堀江さんの理路整然とした考えが
分かりやすく語られており、かつ、
誰にでもできるプラスの要素でまとめられているので、
読後、自分も一歩踏み出してみようかな、と思える本です。



本筋とは異なるのですが、
ちょっと自分を振り返って考えてしまった内容があります。


いま、(子ども時代の)自分を振り返って思うのは、僕にとっての勉強とは、
「説得のツール」だったことだ。
子どもとは、大人の都合によっていくらでも振り回される、無力な存在だ。
しかし、勉強という建前さえ掲げておけば、大抵のわがままは通る。


九州の田舎町の一般家庭の一人息子として生まれた堀江さん。
実家を出て上京するために東大にまで入ってしまう、
その実行力とはくらべものになりませんが、
私も、勉強を、
親や周りの大人を説得するためのツールとして使っていました。

でも、堀江さんと私とで大きく異なるのは、
大人を説得するためのツールとしての勉強が、いつのまにか、
自分自身の目も曇らせてしまっていたということです。

勉強して成績が上がったら、
希少価値のある方面(皆が点数の取れない分野=理系)に進み、
その後は、
安定した収入を得られるような会社に就職できそうな道を道をと選んで、
ここまで来てしまいました。

気が付いたら、今の仕事は、
自分の興味とは全くかけ離れたものです。
まさに、自分の「時間」を「お金」に換えている状況。


ネガティブ発言ですみません。
堀江さんの言葉を借りれば、そんなのは
「ただの経験不足であり没頭出来るほどやってないだけ」なんですけど。
それでもやっぱり、仕事それ自体が
寝食を犠牲にしてでものめり込めるものだったら良いなと思っちゃう。



自分がこの状況から一歩踏み出さないといけないのは勿論ですが、
それよりなにより、
子ども達には、私のような道は歩んでほしくないなと思います。


親だから、
我が子が、「おべんきょう」が出来た方がやっぱり嬉しい。

でも、
それは本当に子どもがやりたいことに繋がっているのか、
自由を得るためのツールとしての勉強が、
いつしか目的になってしまってはいないか、

安易に
「勉強しなさい」と言ったり
「成績上がって偉いね」と褒めたりする前に
ちゃんと子どものことを見ないとな、と思いました。





おまけ

自分が以前、寝食を忘れて没頭していたことの1つに、
絵やイラストを描くことがありました。

何だか触発されて、十数年ぶりに描いてみました。
恥を忍んでアーップ!!


今はペイントソフトやら凄い色々あるんでしょうが、
そんなものは使えないのでただの鉛筆描きです。。



「空飛ぶ広報室」の綾野剛。
今描きたいものといったら綾野剛(笑)



もういっちょ、
「すべてがFになる」の犀川&萌絵。
綾野剛と何故か萌絵がガッキー(のつもり)バージョン。
関連記事
★「読んだよ~」のしるしに、応援クリックして頂けると嬉しいです★
下記の「このブログに投票」をクリックして頂くとブログ村のランキングに反映されます。
皆さまの日々のポチのおかげでランキングが上がり、更新の励みになっています。
わこ



関連するタグ 日記

2015-05-08(Fri) 13:10| 日記| トラックバック 0| コメント 14

コメント

とっても上手ですね

いつも拝見させていただいてます。
優しい雰囲気のとっても素敵な絵ですね。絵が上手でうらやましい。。。

時々、仕事について考えることがあります。まさに時間をお金に換えています。
フルタイムで仕事をしていますが、高校卒業後22年間、同じ所で働いています。何の考えもなく、基本給・年間の休日数で決めたような気がします。
子供が今年から大学に行き、下の子は中学3年で、どんどんお金が掛かります。今となっては怖くて転職もできません。考えてもいませんが。
でも、給料が安くても、休みが少なくても、好きなことを仕事にして生き生きと毎日を送れたらなぁと思います。
子供には「自分のやりたいことを職業にできたら楽しいと思うよ」と言っています。なかなか難しいですがね。

2015-05-08(Fri) 15:14 | URL | きらりん #-[ 編集]

わこさん、お久しぶりです!

勉強して成績が上がったら、
希少価値のある方面(皆が点数の取れない分野=理系)に進み、
その後は、
安定した収入を得られるような会社に就職できそうな道を道をと選んで、ここまで来てしまいました。
↑すごく、分かります!私も、将来的な価値のある方面(理系、資格系)に進みました(笑)
でも、その考え方が 理論的というか、理系肌なんだと思いますよ(^^)

でもでも、絵が上手!!建築士とかだともっと絵が活かせたのかな!?(既に建築士さんだったらスミマセンw)

私も、今の仕事は楽しくありません。時間と引き換え、まさにそうです!!
出産前の仕事は忙しくても楽しくてやりがいあったけど、出産後、特に関西の支店に異動してからは、全く楽しくなくて。。同じ会社でも仕事内容で全然違うなと。
早く以前の職種に異動したいけど、育児しながらだとなかなか制約が多くて難しいですね。
そんなこと考えずに働ける男の人が羨ましい。(ちょっとズルいとも思う。。)
なんか愚痴ってしまってスミマセン!
やっぱりわこさんは、考え方が似てるなと思いました(^^)

2015-05-08(Fri) 18:42 | URL | rose #-[ 編集]

とってもお上手です〜!
ガッキーになってるところも何だか共感。空飛ぶ広報室の2人は良かったですもんね^_^

私は学生からすぐ主婦になっちゃったので、働くやりがいも苦労も知らないままで、やっぱりバイトじゃなくてしっかり働いて稼ぐという経験をしていないのは、一人前になる機会を逃してるんじゃないかなと思ったりします。ただ今の生活には満足してるし、旦那に感謝ですね。働いておられる方からしたら甘い考えかもしれませんが…
私は進学校から大学へ、みたいな道を何も考えず通って来たので、自分の子どもたちがそれとは違った道を選ぼうとしてもちゃんと応援できるような親でありたいし、まず親に反対されそうとか思わずにいろいろ選択できるように無言の圧力をかけないようにしたいです。
何だか見当違いのコメントになってたらスミマセン。

2015-05-08(Fri) 22:23 | URL | くま #-[ 編集]

考えさせられますね

わこさん、イラストすごく上手ですね!
同じ俳優さんなのに役の違いで表情などが全然違ってて、すごいです!

仕事のこと。
考えさせられますね。

私、転職を二度ほどしていて。
新卒で働いた仕事は、やりたくてやりたくて仕方なかった仕事をしました。
寝る間も無いほど忙しくて、身体的にもしんどかったですが、楽しくて満足していたので頑張ってました。

でも身体は正直で、ボロボロになっていったんですよね。

その時に、やりたいことが出来るのは幸せだけど、
自分の身体を壊してまでやりたいことにこだわることは幸せなのかな…と悩みだし、
悩みだすと仕事すら楽しめなくなるわ身体も言うこと聞かなくなるわで転職。
派遣で自由きままに働くも、その日暮らしのようで不安が拭えず、契約満了で転職。

そして今は、やりたいこととは違うけど正社員で制度もある程度しっかりしてる所で働いてます。

やりたいことをやったからこそ、この状況が良いのかどうかがわからない状態で正直働いていました。

そして現在育休中で、
果たして復職したあとどういう気持ちで働けるのかなぁ…と、すごく考えさせられました。

うーんー

2015-05-08(Fri) 23:07 | URL | まっけん #1MqZTUZc[ 編集]

はじめまして。やっこと申します。笑

あぁ、すっごくわかる・・・。前にわこさんにちきりんの本をおすすめされて読んだときに、同じようなこと思ったなぁ。1日の大半の時間を費やす仕事が全く楽しくなくて(むしろ苦痛で!?)、そんな人生の過ごし方をして将来的に「いい人生だった」と胸を張って言えるのか?っていうね・・・。
ちきりんの本を読んで働き方を考え直さないとなぁと当時思ったはずなのに、結局何も変わらずズルズル同じ働き方を続けていたから、この記事読んでハッとさせられたよー。私もこの本読んでみようかな。
でもでも、浸食忘れて没頭するほど好きなことってなかなか見つからないよね・・・。

絵、いいね!久しぶりにわこさんの絵見たけどやっぱり上手!綾野剛愛を感じる~。笑。

2015-05-09(Sat) 09:57 | URL | やっこ #RS4k0RpE[ 編集]

Re: とっても上手ですね

きらりんさま

コメントありがとうございます☆

お子さんが成長してお金が掛かるようになってくると、自分も家計を支えている身としてそう簡単に転職とかできませんよね…。
給料が少なくても、休みが少なくても、好きなことを仕事にして…って、憧れですよね。
今、仕事をしていなければそういう選択をすることでもきるのでしょうが、実際に仕事をしていると今の職の条件を捨ててまでは…と悩んでしまいます。
だからこそ、子どもには、自分の好きなことを仕事にしてほしいと思ってしまいますね。親が出来なかったことを子どもに託すって親のエゴかもしれませんが^^;

2015-05-10(Sun) 00:08 | URL | わこ #-[ 編集]

Re: タイトルなし

roseさま

コメントありがとうございます☆

こんな愚痴っぽい記事に共感して頂けて恐縮です…。
roseさんは理系の資格系なんですね。薬剤師さんとかかな?
私は建築士ではありませんが、建築士でも絵は活かせたかどうか(笑)

時間と引き換えの給料って、本当にドキッとしてしまいました。
ぐうの音も出ないというか…まさにその通り過ぎて。でも、同じように感じてる方、特に女性は沢山いらっしゃるんですね。今回の皆さまのコメント見てそう感じました。
同じ会社でも部署や仕事内容によって全然違いますよね。うちも、結構大きめの会社なので…。
男の人は男の人で、頑張らないといけないからその辺は大変だなーと思いますが、こんな風に身の振り方を悩んだりすることない点は羨ましいですよね。
確かにroseさんと考え方似てるのかも!!

2015-05-10(Sun) 00:15 | URL | わこ #-[ 編集]

Re: タイトルなし

くまさま

コメントありがとうございます☆

ガッキー萌絵なんていう私の完全な妄想にお付き合いくださりありがとうございます。
ちょっと時間経つと恥ずかしくなってきますね(笑)

今の生活に満足されているなら、専業主婦だから一人前じゃないなんて後ろめたさは感じる必要ないと思います!
専業主婦って大変ですから…。

私も、当たり前のように大学へ進学し就職してしまったので、子どもにも「とりあえず大学は出て欲しい」みたいに何となく思っているところがありますが、これからの世の中、大学出てれば将来安泰なんてこともないですよね。
そういうことに拘らず生きる力を獲得できるような人間になってほしいと願うばかりです。

2015-05-10(Sun) 00:21 | URL | わこ #-[ 編集]

Re: 考えさせられますね

まっけんさま

コメントありがとうございます☆

まっけんさんのコメント見て私も凄く考えさせられました…。
実際に転職や、派遣といった職種も経験されているんですね。

私も、時間や給料のことを気にせず没頭した仕事(アルバイト)を経験したことがありますが、確かにあれが本職になったら、それでもその仕事を好きで居続けられるだろうか?と考えてしまいました。
隙だからこそ、妥協も出来ず、身体を壊すまでやってしまいそうで。
好きなことを仕事に出来れば、というのも、そう簡単な話ではないですね。
同じような悩みの方ととことん語り合ってみたい!

2015-05-10(Sun) 00:30 | URL | わこ #-[ 編集]

Re: タイトルなし

やっこさん

はじめまして(笑)

分かって頂けると思ってたよ…。いつもこんな話ばっかしてるもんね我ら^^;
ちきりんさんの本でも同じようなこと書かれてたよね~。
堀江さんやちきりんさんの本を読むと、嫌ならそんな仕事やめちまえー好きな仕事で起業しろってのが至極当たり前のように書かれてて、読んだ直後は凄くその気になってるんだけど、日常に戻ると日々のことで頭が一杯になり、その気持ちが薄れてしまうよね。
お互い、好きなことを見つけてそれで生計建てられたら最高だよね…。
この本もおススメだよ~。

綾野剛好き過ぎてやばいよ。絵描くってどれほど!!(笑)

2015-05-10(Sun) 00:37 | URL | わこ #-[ 編集]

はじめまして。こんにちは。
収納関係で検索してからずっと読ませていただいています。

この記事、すごく考えさせられました。
私は今在宅の仕事をしているのですが、まさに「我慢」の代償という感じでして、この本をもっと読んでみたいと思いました。
娘がまだ小さく一人っ子の上、両親が離れていて、夫も送り迎え不可という状態なので、できる仕事も限られるんですよね。
堀江さんのこの本、読んでみたいなと思いました。

こちらで紹介されている収納のこと、それからグッズ、とても参考になります。
これからも楽しみにしていますね。

2015-05-10(Sun) 06:59 | URL | まめかん #-[ 編集]

Re: タイトルなし

まめかんさま

コメントありがとうございました☆

収納関連で訪れて頂いた方も、私の呟きのようなポストに反応してくださって嬉しいです!
収納やグッズも参考にして頂けてるんですね^^ありがとうございますー!

在宅でお仕事されているんですね。在宅だと、会社に出勤することが必須の仕事よりも、時間を有意義に使えそうなイメージがあるんですけど、仕事によりけりですかね…。
ご両親が遠方で頼ることができないと本当にママ1人に育児負担がのしかかってきますよね…。私も、ヘルプを出せば来てくれるものの、両家とも遠方なので、大変さは分かるつもりです。
この本は、ワーママの仕事を育児の両立を応援するといった類の本ではありませんが、もっと根本の、「働く」ということそれ自体を深く考えさせられると思います。おススメですよ~。

2015-05-11(Mon) 21:32 | URL | わこ #-[ 編集]

語り合いいいですね!

そうなんですよね。
好きだからこそって気持ちわかります。

今は家族も居て身体を壊すまで働くことはないとは思うんですが、
だからこそ逆に「もっとやりたいのに…」という気持ちを抱く自分が想像出来て。汗

バランスよく働くのが難しく感じそうかなと、想像してしまいました。

あーほんと語り合いたいですねー!

2015-05-15(Fri) 09:46 | URL | まっけん #1MqZTUZc[ 編集]

Re: 語り合いいいですね!

まっけんさま

コメントのお返事が遅くなり申し訳ありませんー!!!

好きなことだからこそ、仕事にせず趣味でやった方がいい って言う人もいますよね。
利益が絡まないからこそ好きでいられるんだと。
でもやっぱり人生の時間は有限だから、嫌いなことに時間を掛けるのはうーん、って思っちゃいますね。
家族が居るから、母親が倒れる訳にはいかないんですけどね…^^;バランスが本当に難しい。

この数週間、仕事に復帰してみて、またちょっと心境の変化もありました。
(ブログに書こうと思います)

ホント、このブログを読んでくださってる方とオフ会してみたいですよ。
いつか企画しようかな!!(笑)

2015-05-25(Mon) 17:32 | URL | わこ #-[ 編集]

コメントの投稿

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sotonomisuki.blog.fc2.com/tb.php/475-ce462ddc

ユーザータグ

お気に入り日用品

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。