プロフィール

わこ

Author:わこ
横浜在住のWM。夫と5歳の息子、2歳の娘の4人家族。
2010年に建てた戸建てで暮らし、家と自分を整える日々です。
収納用品はほぼ無印良品。
2015年5月に2度目の育休から復職しました。

カテゴリ

最新記事

オンライン

現在の閲覧者数:

アクセス数

参加ランキング

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 インテリアブログ 無印良品インテリアへ
ランキングに参加しています。
応援クリック頂けると更新の励みになります。

月別アーカイブ

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


★「読んだよ~」のしるしに、応援クリックして頂けると嬉しいです★
下記の「このブログに投票」をクリックして頂くとブログ村のランキングに反映されます。
皆さまの日々のポチのおかげでランキングが上がり、更新の励みになっています。
わこ



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

書籍掲載のお知らせ

10月26日に出版された書籍に我が家を掲載して頂きました。



我が家は前に掲載して頂いたESSEの記事を編集した形で、
6ページ掲載して頂いています。

この、「覚えておきたい!」シリーズって、
それぞれのカテゴリの入門書という位置づけの割に、
物凄い量の情報がまとめられているんですね。
今回手に取ってみてビックリしました。

収納に興味を持ってからこの手のムック本はかなり色々と見てきましたが、
これは、書籍としてのクオリティがかなり高いと思いました。
私はインテリアブログマニアだから、
「あ、これは〇〇さん(ブロガー)の家だな」
って分かりますが、
普通に読んでると、ブロガーの注釈は誌面には出していないし、
個別の収納商品名などの記載も一切なし!
私的にはこの潔さが超ヒットで。
ブロガーの写真集みたいな本も最近多い中、
作り手が、「ちゃんとコンテンツを届けよう」」と意志を持っているのを
感じたのでした。




さて、絶賛行き詰り中の私の育児の途中経過報告です。

とりあえず、この本を再度読み返すところから始めてみました。




友人にブログをおススメされたので、そちらもちょくちょく読んだり、
この本も発売当初に購入して一通り目を通していたのですが、
こういうのは本気でドン詰まった時に読むと、スポンジのように内容が沁み込んできますね。
前に読んだときも目から鱗落ちまくったし感銘を受けたはずなんだけどなぁ。

育児書と言うと、1つのテーマに絞ったものでも結構なボリュームのものが多いですが、
こちらの本は230ページの文庫本と割と軽め。
そのため結構簡単に読み切れちゃいます。
でも、男性の方(しかも恐らく相当に理屈っぽい)が書かれているだけあって、
物凄く理路整然としているし、
一語一句、不要な情報は全く無いため
赤線引っ張ったら教科書全部真っ赤になっちゃった!って感じの本です。

育児書って、中身を読んでみるとただの精神論だったりするものが多い印象です。
「子育て出来る時間は一瞬。子どものためには、自分を犠牲にしてでも母親はこうすべきです」
みたいな。
(それが出来ないから苦労してんだろう!とツッコみたくなる)

もしくは、
「親はそんなに頑張り過ぎる必要はありません。子どもは自分の力で育つのです」
みたいなのも最近多い。

そうやって安心させてもらえるのは有難いけど、
それで何か事態が好転することなんてあるのか!?って思ったりします。

でも、この本には、
子育てが難しくなっていく理由と、実際に使える育児の方法が書かれているので、
納得した上ですぐ実践できるんです。


この本に書かれていることで、私がこの1週間、とにかく意識してやってみたことは、

①叱る前に一度気持ちを落ち着けて、
「これは本当に然るべきことか?自分のストレス発散になっていないか?」
を自分に問いかける。

②叱った後に必ず
「分かってくれてありがとう」「そうやって分かってくれる〇〇ちゃんが大好きだよ」と
抱きしめる。

③今までだったら声を荒げて叱る場面で、代わりにおしおきとして
くすぐりを取り入れてみる。

④何か言葉(指示や注意)を掛けた後に3倍待ってみる。


①については、これは、自分に余裕がある時でないと難しいです。
上でディスった、「精神論」そのものですしね。
でも、今の壊滅的な我が子との関係は、
自分が「子どもを叱る」ことに無頓着であったことが原因だと分かったので、
この1週間は修行だと思って頑張りました。
1週間続けたら、ちょっと慣れてきたかな。

②も、
それまで怒っていたテンションから
「分かってくれたあなたが大好き!」みたいなモードになるのは
最初は自分的にかなり気恥ずかしかったです。
息子も、いきなりこんな芝居がかったのが追加されて
最初は素直に抱きしめられてはくれませんでしたが、
これも数日でお互い慣れてきまして、
今では、怒った後に「おいで」と手を広げると
腕に飛び込んでくるようになりました。

③は、「効果的な子育てメソッド」として本に書かれていたのを読んだ時は
なんだそりゃ、そんなんで好転するなら苦労しないよ。。と思ったりしましたが、
これがまた、自分と子どもの「気持ちのリセット方法」として物凄く効果的なんですよ。
この年齢の子どもで、くすぐられながら怒りのテンションを保ち続けるのは不可能だし、
親としても、「マイッタって言わないとやめないぞ!!」等、
冗談めかして子どもにゴメンナサイを言わせることで、気が晴れるんですよね。
そして終わったらお互い笑顔になっているという。ほんと凄いよ、くすぐり。

④は、
自分の思い描いたスケジュール通りに進まないと気が済まない私にとっては
かなりツライ精神修行でしたが、
待ってみるとそれなりに反応がかえってくるということが何度かあって、
効果を実感しています。
親が待てないだけで、子どもは子どものペースできちんと反応を返してくれるんですよね。


そして、嬉しいことに、息子に変化が出てきました。

長くなってしまったので、続きは次に。。
関連記事


★「読んだよ~」のしるしに、応援クリックして頂けると嬉しいです★
下記の「このブログに投票」をクリックして頂くとブログ村のランキングに反映されます。
皆さまの日々のポチのおかげでランキングが上がり、更新の励みになっています。
わこ



関連するタグ 片づけ・収納 日記 育児

2015-11-02(Mon) 00:09| 片づけ・収納| トラックバック 0| コメント 2

コメント

ご無沙汰しております。

わこさんのブログと出会うきっかけになった
突発性発疹の記事を読ませてもらい凄く参考になりました。

そして今回の記事も凄く参考になった・・・
どころでは無く、私のイライラが劇的に上手く解消出来る様になりました!!
特に1番と3番です☆
怒る前に『あれ?ストレス解消入ってない?』と冷静な自分が居るのが分かる様になったし
凄い怒りそうになっても、くすぐれば良いんだ!と思うと、良い感じで怒りの気持ちの逃げ道が出来ました☆
いかに今までどうでも良い事で怒ってたんだなと言うのが分かったし、疲労度がピークの夕方には自分の八つ当たりも入ってたんだなと思うと、長男には申し訳ない気持ちになりました(^^;

もうわこさんに感謝の気持ちでいっぱいです!!

2015-11-19(Thu) 19:40 | URL | yuki #sSHoJftA[ 編集]

Re: タイトルなし

yukiさん

こんにちは!ご無沙汰しております^^
コメントありがとうございました。

今回の記事、参考になったようで何よりです。
1番と3番、効いたんですね(笑)特に3番って、機械的に実践してみるだけでもかなり効果ありますよね~。
何か自分でも怒っているのがバカバカしくなるというか。
そうそう、気持ちの逃げ道になるんですよねぇ。
自分に余裕が無くなるとやっぱり怒る頻度も高くなることが分かれば、自分のストレスを他の方法で発散するっていう回避策も考えられますしね。
ママと子どもの育児って孤独な時間が多いから、いつのまにか物凄く主観的になってしまっているんだと思います。
こういうことがきっかけで客観的になるのが必要なんですよね。

いえいえ、私は本をご紹介しただけで^^;
保育士おとーちゃんさんに感謝ですね!
これからもお互い頑張りましょう!!

2015-11-23(Mon) 19:20 | URL | わこ #-[ 編集]

コメントの投稿

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sotonomisuki.blog.fc2.com/tb.php/495-9491da7f

ユーザータグ

お気に入り日用品

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。