プロフィール

わこ

Author:わこ
横浜在住のWM。夫と5歳の息子、2歳の娘の4人家族。
2010年に建てた戸建てで暮らし、家と自分を整える日々です。
収納用品はほぼ無印良品。
2015年5月に2度目の育休から復職しました。

カテゴリ

最新記事

オンライン

現在の閲覧者数:

アクセス数

参加ランキング

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 インテリアブログ 無印良品インテリアへ
ランキングに参加しています。
応援クリック頂けると更新の励みになります。

月別アーカイブ

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


★「読んだよ~」のしるしに、応援クリックして頂けると嬉しいです★
下記の「このブログに投票」をクリックして頂くとブログ村のランキングに反映されます。
皆さまの日々のポチのおかげでランキングが上がり、更新の励みになっています。
わこ



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

良い親子関係を「演じる」ということ

保育士おとーちゃんのメソッドを実行して1週間あまり。
ありがたいことに変化が出てきました。

たった1週間で!?って思いますよね。私も思いました。
この「効果」の正体については後に記述しますが、
少なくとも日々の生活における私たちの関係が好転したことは事実です。

それが子どもの柔軟さ・素直さの賜物なんですね。
年中の今だからこれだけの反応速度を見せてくれたのであって、
子どもの年齢が高くなればなるほどきっと、
心を溶かすのには時間が掛かるのでしょうね。

でもその代わり、こちらが気を抜いてうっかり元のような言動をしてしまうと、
それへの反応もめちゃめちゃ速くて。
あっという間に元のキーキー怒りっぽい息子の習性が顔を出します。
まあ、そんなもんなんでしょうね。


保育士おとーちゃんの考え・思惑とは違うかもしれませんが、
私と息子の間にこの1週間で起こったこと、それは、

良い親子関係を演じることに抵抗が無くなった

ということだと思います。

前の記事にも書きましたが、
怒ったり注意した後に、息子が態度を改めてくれたら必ず
「分かってくれてありがとう」「そんなあなたが大好きだよ」
と言って抱きしめる。

最初はお互い、
子供向け番組のやすっちい脚本みたいで気恥ずかしいし、
私も、恐らく息子も(だってつい最近までの本性はアレなので)
完全に演技なんですが、
でもそれが慣れてしまうと、むしろ楽しくなってしまうんですね。
アクターズハイみたいな感じでしょうか。

で、そのことに抵抗がなくなるだけではなく、
副次的な効果もどんどん生まれてくるのです。


例えば、「ありがとうを沢山言う」こと、
これも、演技の延長上で自然に、本当に自然とたくさん出てくるようになりました。

「出来たことを(多少大げさにでも)褒める」こと、
これも、アクターズハイになってる母にとっては全く抵抗無し。

普通に皆さんやってます?すみませんレベルの低い話で…。
でも、余裕のない私は、こんなことすら出来てなかったんです。
やったとしても、「こうしなくちゃ」という義務感と理性のもと、気力を振り絞ってやっていたのでした。



こういうワザとらしい演技は、子どもの方が得意ですよね。
褒めて欲しいが故にいい子を演じる、みたいなの。

今まで諍いが怒っても妹に譲ることなど一切なかったのに、
自分のデザートを自発的に分けてあげてみたり、
妹がこぼした食事を拭いてくれたり。

毎日、「今日の夕飯やだ。〇〇食べたい」と文句ばっかり言っていたのに、
「〇〇がよかったな~」とか言いつつもちゃんと全部残さず食べてくれたり。

あとは、突然、
「自分でやる」
と、お風呂のときに身体や髪の毛を自分で洗うようになりました。
これは本当にびっくりしたし、実際物凄く助かるので、もう手放しで褒めましたね。


こういうことをやってくれるようになると、親としても
それまでは演技で褒めたり喜んだりしていたのが、
いつしか本当に可愛いな、偉いな、って思うようになり、
それを言葉や態度に出すのにも既に抵抗が無くなっているので、
ダイレクトに子どもに対して表現できるようになって、
それを受けてまた子どもがポジティブな言動に変わっていく、という、
まさに正のスパイラル!!!!



「演じる」なんて言うと、あたかも表面上だけの薄っぺらさを感じますが、
最初は演技でも、日々積み重ねていくことで
親にとっても子にとってもそれが「普通」になるのではないかなと。
少なくとも親である私のほうは、たった1週間でこれが「普通」になりつつあります。


とはいえ、まだまだ無理をして
理性で何とかしてるところもたくさんありますよ。

例えば、

自分の思い通りのペースで物事を進めることを第一優先にせず、
やってほしいこと、実現したいことを伝えて、
プロセスは息子に委ねてみる。

(XX時になったら家を出るよ、それまでにご飯を食べて着替えをしてね、と伝え、
あとは待つ)

保育士おとーちゃんの本には、「子どもに対しては3倍の時間待ちましょう」と書かれているのです…。

これなんかは、本当にイライラとの闘いです(笑)
実際、達成できないことの方が多いですしね。

で、ここで、

「できなかったらお菓子あげないからね」
「やっぱり出来なかったじゃないの!だから言ったでしょ!」


なんてことを言うと、たちまち元の木阿弥になってしまうので、
ここはグッと気持ちを抑えます。これは自分との闘いです。


このとき、
教科書的に「やってはいけない」という精神論でイライラを抑え付けるのは
物凄~~~~くストレスが溜まるので、最近の私は、


「あのしちメンドクサイ息子の状態に戻るよりは
今日30分遅刻した方がマシ」



と、完全に損得で考えるようにしています。
怒りっぽい、かつ、理屈っぽい人にはこの考え方おススメです(笑)
なんとなくこのブログを好んで読んでくださってる方にはそういう人が多い気がする(笑)


ちなみに、最近は

「ママ遅刻しちゃうと会社の人に怒られちゃうよ!助けて!」

と、協力を仰ぐという手法を良く使います。


保育士おとーちゃんの本に、

「親への愛着・好意(※正確な表現を探せませんでした)は子育ての最良のツール」

といった記載がありましたが、まさにこれを実感しているところです。
これ、ちょっと前の息子に言ったところで絶対
サムい反応しか返ってこなかっただろうと思うので。

そもそもの困る主体である「私」自体に愛着が無ければ、
態度を改める必要性を感じませんもんね。



最近では、こうやって言うと、

「しょうがないなぁ~(ハァ)」

と、これまた大げさな演技で、言うことを聞いてくれます。



こんな感じで、良い方に状況は改善されつつあります。
が、最初に書いたとおり、これは全然恒久的なものではなく、
私の態度1つで簡単に崩れてしまうような脆いものです。
今のところは。



なので、私自身が感じている「真の効果」は、

演技をすることへの抵抗感がなくなったこと、

このことだと思っているのです。



こうやって、少し実践してみた状態で読み返すと、
更に凄さを感じるこの本…。凄いっす。


関連記事


★「読んだよ~」のしるしに、応援クリックして頂けると嬉しいです★
下記の「このブログに投票」をクリックして頂くとブログ村のランキングに反映されます。
皆さまの日々のポチのおかげでランキングが上がり、更新の励みになっています。
わこ



関連するタグ 日記 育児

2015-11-03(Tue) 16:16| 日記| トラックバック 0| コメント 10

コメント

はじめまして。

 私も5歳児のフルタイムで働くママです。
 毎朝、保育園へ登園させ、お仕事へと大忙しです。
 夜も帰宅すると夕食、お風呂とバタバタ💦
 とくに朝は時間に追われることが多くて、自分(時間)に余裕があると、お洗濯物を畳みながら待つことも出来るのですが余裕がないと、イラッとしてキ―――!!ガ――!!っと怒鳴ることも・・・。(いつも怒鳴った後に猛反省してしまいます)
 年中さんの時が一番ひどくて、年長さんになってからは少しずつ改善され大分楽になりましたが、それでもやっぱり時間を守ることは難しいです。
 自分が素直に接していると子供も素直だし、怒っていると、逆切れされたりとんでもない抵抗をされたり・・・。自分を映す鏡だなぁ〜って思います。
 おすすめの本ぜひ読んでみたいです。

2015-11-14(Sat) 09:04 | URL | ~るん~ #Oqzd7NJg[ 編集]

Re: はじめまして。

るんさま

こんばんは!はじめまして~!
コメントありがとうございました。
5歳児(あ。でも年長さんなんですね)、フルタイムママと、共通点多いですね!
時間に追われていると、イライラがどんどん募りますよね。分かります。
もっと早く起きたり、自分に余裕があれば回避できるものと分かっているけれど、それもなかなかできず(^^;)
激情のままに怒ってしまったりしたときは、寝顔に「ごめんね…」と謝るばかりですよね。

でも、年中が一番酷くて、年長になってからは少し落ち着いたという情報は、私に取って励みになります(笑)
(そういえば年少さんのときもそんなこと思ってた気がしますが…)

自分が素直に接していると子どもも素直だし、その逆も…って、私も今回のことを通じてよく分かりました。
自分が変わったら、子どもも、(少なくとも私の前では)ビックリするくらい変わってくれて。
ついちょっと前までは、本当にこの子可愛くない…と思ったりするときもあったけど、今は心から可愛い!といつも思います。
子育てって本当に自分自身も勉強の繰り返しですね。
本やメディアで良く耳にして耳タコになっていた教訓みたいなものを身をもって感じることばかりです。

保育士おとーちゃんの文庫本は、本当にあっという間に読めてしまいますよ。
そして、子育てに悩んだら何度でもこの本に戻ってくるのだろうなぁと思います。おススメです!

それと、コメントの件、気を揉ませてしまって申し訳ありませんでした!
そうなんです、荒れたらヤダなと思って承認制にしてるんです。そんな懸念になるコメント一回も貰ったことないんですけどね~。(有難いことです!)
もう1つ頂いたのも、読んでおりますので(私信ですので承認はせずにおきますね)。
今後ともよろしくお願いいたします。

2015-11-16(Mon) 22:45 | URL | わこ #-[ 編集]

効果あり!

わこさん、はじめまして。
保育園年少と1歳の息子がいて育休中の者です。
いつもインテリアや子育て情報楽しみに拝見しています。
以前ご紹介されていた、男の子のしつけに悩んだら、
も購入し読みましたし、今回おすすめされていたこちらも
早速読み、実践しております。
うちの長男はとにかく手のかかる子で、乱暴なところもあり
いつも目が離せず、正直もう面倒見きれない…と思う日も多かったのです。
でもこちらの本を読んですごく腑に落ちるところがあり、自分も反省しました。
上の子優先を心がけてきたのになかなか満たされているように見えないと悩んでいましたが、
この子のクッキーの缶は規格外に大きいんだな!って思ったら
食いしん坊の息子らしいと思えてなんだかそれだけでも楽しい気分に。
それ以来、クッキー缶を思い浮かべながら不必要に叱らず、かわりに可愛い可愛い、大好き、こっちおいで、抱っこさせて、など赤ちゃんのようにかわいがったり、あたりまえのことができたときでさえ大げさに喜んだりして受容を心がけたところ、息子の汚い言葉遣いがぐんと減って、かわいい口調で内緒話をしてくれたり、弟にもこんなに優しくできたよ!っと報告してくれたり。嬉しい変化が現れています。
もちろんまだまだ問題行動も多い息子ですが、少しずつでもいい方向に向いていると思えると、大変な子育ても楽しめるし頑張れますよね。
素晴らしい本を紹介してくださり本当にありがとうございました!
わこさんの息子さんのその後もまたブログでご報告いただけたら参考になります!

2015-11-18(Wed) 11:14 | URL | わいみ #-[ 編集]

Re: 効果あり!

わいみさん

こんにちは!はじめまして~☆コメントありがとうございました。
年少さんと1歳児さんのママさんなんですね。
上の子がまだイヤイヤ期ということもあって、うちよりも更に大変そうですね。。

「乱暴なところもあり、・・・正直もう面倒見きれない」
分かります!!!分かり過ぎて泣けてくるくらい!
自分の子じゃなかったら放っぽり出したいって思うことありますよね。
上の子優先って、良く言うけれど、下が本当に乳児のときは実践できても、下が動くようになるとなかなかできないものですよね。

クッキーの缶が大きいのが息子君らしくて楽しいって、凄く素敵な考え方!
でも、本当に、自分の考え方ひとつでかわいらしく見えてくるものなんですよね。
わいみさんのお宅でも、実践したら息子君が変わってくれたとのご報告、我が事のように嬉しいです!
恥ずかしい話だけど、記事にしてよかったなあと思いました。嬉しいご報告、本当にありがとうございました。
特に、弟君に優しくしてくれるようになったっていうの、親的には一番うれしくないですか?
育児って、自分の思った通りには成果が出ないものだとあきらめていた節がありましたが、保育士おとーちゃんのメソッドはかなり効果ありますよね~。
うちの息子のその後も、ブログで記事にしていこうと思います!
これからもお互い頑張りましょうね☆

2015-11-23(Mon) 19:10 | URL | わこ #-[ 編集]

こんにちは。以前ホリエモンさんの本のときにコメントさせていただいた者です。(在宅で仕事をしています)

保育士おとーちゃん、私も娘(現在5歳)が1歳のときにブログに出会い、どれだけ助けられてきたかわかりません。
私は娘が1歳になったばかりのときに、児童館でお友達ともののとりあいになったときに、私が娘のおもちゃをとって相手にわたしてばかりいたら、娘が相手をかんでしまって悩んだときにブログに出会いました。

保育士おとーちゃんのブログはびっくりですよね。
ほかのブログと違い、ほんとうに細かく実践できる内容ばかりで、私はどれだけ助けられたかわかりません。
男の人が書かれているので理論的でわかりやすいのですが、アドバイスされている内容は子どもに対して本当にやさしいですよね。

私も怒る前に「どーしたの?」と聞くようにしたり、それが聞けないことであっても「○○したいんだね」と聞くようにしたりとかいうことは実践しています。

私がブログを見始めたころは、まだコメント数も少なかったのですが、コメントのお返事に真摯に一生懸命答えてくださるので、そのうちコメントがすごいことになり、どんどん反響が大きくなって、コメントは今はされていませんが、過去のブログのコメント欄を見ると、本当に参考になりますよ(膨大すぎますが)

現在5歳になっても迷ってばかり、怒ってしまいますが、こちらの記事を読んで、やっぱり保育士おとーちゃんのブログに出会えて本当によかったと実感しました。

2015-11-28(Sat) 11:12 | URL | もこもこ #-[ 編集]

Re: タイトルなし

もこもこさん

こんばんは!コメントありがとうございました。

もこもこさんも、保育士おとーちゃんさんファンなんですね!
子どもが1歳のときに出会えてたなんて、羨ましい!私ももっと早くにおとーちゃんメソッドを実践していれば…と思わずにはいられませんもん。
仰る通り、アドバイスの内容は、子ども達にも、そして親にも寄り添った内容なので、すんなり「よし、やってみよう!」と思わせてくれますよねー。

怒る前に「どうしたの?」と訊いてあげるのは、子どもはほっとすると思います!私もやってみよう~。
受容が大事ですもんね。もこもこさんはちゃんと実践されていると思います!

そうそう、ブログのコメントが凄いことになってますよねー。私も、育児に悩みまくったときは個別に相談に乗ってほしい!!と思いましたが、きっと過去コメの中に同じような相談している人いるんでしょうね。。。でも、多くて探せない^^;

私のブログが、少しは役に立ったようで良かったです。
理論は分かっていても、日々の生活に追われていると自分に余裕がないときはつい忘れてしまいがちですしね!
私もコメント頂いて、ちゃんと実践できているかなと自分を振り返るきっかけになりました!ありがとうございました。

2015-12-04(Fri) 00:38 | URL | わこ #-[ 編集]

またまたコメントしてしまいました。
以前のHNはこちらでした。

うちは今5歳で年中なんですが(同い年ですよね)、実は今とっても大変な時期でして、毎日毎日怒りまくり、怒鳴りまくりなんです。
保育士おとーちゃんのブログでのNGなことばかりしています。

1歳のときからしっかりブログを読んでいてもこうなんですよね。
だから、全然実践できていないんですよ。

ですから、こちらの記事を読んで初心にかえるというか、また思い出してみようという気になれました。

私も「大好きだよ」とか、なるべくほめるようにしているんですが、おとーちゃんのブログを読んでなかったらきっとできてなかったと思います。

それから、収納の記事は本当に助かっています。
フルタイム勤務で本当にすごいなと思ってます。
これからも育児や収納の記事を楽しみにしています。
連コメ失礼しました。

2015-12-04(Fri) 13:15 | URL | まめかん #-[ 編集]

Re: タイトルなし

まめかんさん

こんばんは~。もこもこさん=まめかんさん でしたか!
すみません鈍くて^^;

年中さん…難しい年頃ですよね。うちも一緒なので分かります。
最近はおとーちゃんメソッドのお蔭でかなり落ち着きましたが、ちょっと前は本当にひどかった。思い出したくないです。
何か幼児期としては多感な年ごろなんでしょうかね。。
口で言えばある程度分かる年でもあるし、逆に、身体は大きくなって無理やり力づくでは対処できなくなってきて、ついついキツイ口調になってしまうのですよね~。

アタマで分かっていても、なかなか実践できないものですよね。
むしろ、みんなそうなんだ、と私は安心しました^^

「収納の記事が助かっている」とのお言葉、改めて嬉しく感じました。
最近本当に収納系で更新出来ていないので心苦しくもあるんですが、
お褒め頂いたのになんですがフルタイムにしてちょうど家も少しずつ乱れてきたところなので、年末に向けて(いや、来年の目標か…?)取り掛かってみようかなと思いました。

コメントありがとうございました!

2015-12-05(Sat) 23:02 | URL | わこ #-[ 編集]

こんにちは

初めまして。
以前より、拝見させていただいております。

私は15歳の娘と5歳の息子がいます。
2人とも違うんですよね。
違うのは当たり前なんですが、
息子に、同じように言って同じように接しているつもりでも「娘はこんなじゃなかったな・・・」と思うことが多いです。
なんでだろう??
(決して、娘が聞き分けのいい子という訳ではなかったのですが。)

娘が5歳の時より、私だって10歳年をとっているので年齢的な疲れもありまして・・・・^^;
息子には「ついていけん」と疲れることもしばしば。


いい本のご紹介をありがとうございます。
早速読んでみますね。

ほんと、「たった1週間で!?」って思いますもん(笑)

思春期の娘ともいい親子関係を保っていて、なんでも話す仲なのですが、最近は「子離れ」「見守る」時期になってきたのかなーなどと考えています。
子育ての悩みってその年代でいろいろ変わりつつ、いつまでも尽きませんね。

2015-12-16(Wed) 11:54 | URL | フユミ #-[ 編集]

Re: こんにちは

フユミさま

こんばんは~。初めまして!
コメントありがとうございました。

15歳の娘さんと5歳の息子さん!!
それは…もう、本当に違うでしょうね。年もそれだけ離れていたら、自分の経験としても上の子の育児経験とはちょっとケースが異なったりしそうですね。
5歳の男の子、激しいですよね~。女の子ならきっと落ち着きだす年齢なのに、男の子はパワーが有り余る時期になってきて…。うちも、下は女の子でちょっとホッとしているところです(笑)

ご紹介した本は、変に「こうあらねばならない!」と強制するようなものでもなく、「そりゃ確かにそうだろうな~」と納得できるメソッドが書かれています。逆に簡単過ぎて?ものたりなく感じることもあるかもしれませんが、効果はあると思いますよ!

思春期の娘さんと良い関係を保てているのは羨ましいです。とても素敵な育児をされてきたんですね。見習いたいです!
子育ての悩みがその時々で変わるというのは本当に(まだ5年ですが)実感しています。
特に、お友達との関係みたいなのが出てくると、親子の間だけでの悩みだったイヤイヤ期なんて可愛い悩みだったなぁ…と思うこともしばしば。
お互い頑張りましょうね~!

2015-12-22(Tue) 01:01 | URL | わこ #-[ 編集]

コメントの投稿

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sotonomisuki.blog.fc2.com/tb.php/496-d892b43a

ユーザータグ

お気に入り日用品

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。